2017年 10月 08日 ( 1 )

はじめての葉山

*10月7日(土)

ゆうべはどしゃどしゃと降る雨音を聞きながら寝たのが、
朝には雨はほとんどあがって、ありがたいことに出かけるころには曇り空になった。

自分で両袖と裾よけを縫ったバティックの二部式じゅばんに、
夏の間に(ネットに入れて洗濯機で)洗っておいた単衣の弓浜絣に袖を通す。

木綿とはいえ手紡ぎの厚さとは違う紡績糸の織りだから着やすく(気安いともいう?)、
もちろん雨にも汗にも強いから、急なお天気の崩れや蒸し暑さも気にしないで着ていられる。

f0229926_20290694.jpeg

あわせた帯は、この夏いただいた浦野理一さんの縦節紬。

ゴツそうな見た目よりもふんわりして軽いし、しなやかで締めやすい♪
帯留は例の陶製「ビスケット(勝手に命名)」に、帯揚げはわずかに緑がまざった灰色のちりめん。

で、電車に揺られていって待ち合わせた場所は横須賀線の逗子駅。
ここで西方面からいらっしゃる着物友だちのおねえさんと待ち合わせ、二人してはじめての葉山へGO!

f0229926_20282892.jpeg

いやあ〜、葉山ね〜、葉山〜 ♪
同じ県内ながら鎌倉は何回も行っても、目と鼻の先の逗子や葉山といったエリアは行ったことがなかった。
(いや、逗子は一回だけ潜りのお稽古に逗子マリーナと海の中だけ来たことあるわ)
ウワサに違わず逗子から葉山の一帯は、どことなく昭和のハイクラスな雰囲気を漂わせていて、
区画割りの石垣の斜面に瀟洒な家々が並んでいるところは豊かさを感じさせる。

駅からタクシーで移動し、小高い住宅区の一角にある洒落た木造の建物の前に到着。
以前から気にはなっていても、これまでご縁がなかった「ポンナレット」さんの「PONNALET葉山の家」。

f0229926_20252125.jpeg

今月に入って『 Dear Pieces 』というお題で、あの「ミナ・ペルホネン」さんとこの端切れと
ラオスやカンボジアの手織りの布をプロデュースされている「ポンナレット」さんの端切れとの
キュートなコラボ半幅帯やバッグ、花緒などが紹介されていた〜ん♡

Dear Pieces/PONNALET
(この展示は終了しています)↓photo by M.N.

f0229926_11392069.jpeg

今回こちらへ誘ってくれたお友だちの装いも、
以前ポンナレットさんでゲットしたという半幅帯を立体感のある帯結びで。

f0229926_11390708.jpeg

うん、大人の人たちの半幅帯姿も、もっと増えてくれるといいなあ〜♡
(やっぱりおいおいお団子ちゃんの着付けノートにも立体的な結び方増やさないと、かな?)

f0229926_20280770.jpeg

お昼時、青空がのぞきはじめ、相模湾と丹沢方面の山々をのぞむ眺めのいいテラスで、
出張キッチンカー「ベジコ」さんが用意してくれていたランチをいただく♡

f0229926_20262280.jpeg

料理名は忘れちゃったけど、煮込んだブタさん肉、美味しかった〜♡

f0229926_20272717.jpeg

そのあと、いったんタクシーでご用邸の敷地を見ながら神奈川県立近代美術館へ移動し、
海を見晴らすテラスでたっぷりとお喋りを楽しみ、ふたたび「ポンナレット」さんへ。

お友だちはワークショップ参加の端切れをいただきがてら少しお買い物をし、
(私は預けた雨ゴートを引き取りに行ったつもりが完全に失念し忘れたまま帰宅(^ ^;;)
夕方、逗子駅へ戻ってまた横須賀線に乗り、都内へ向かうお友だちとは横浜でお別れした。

想像してたのより逗子って近いんだなあと思いながら帰宅して、帯を解いたらば・・・
あら?なに?一瞬帯のおたいこ部分にとんでもない汚れが!?と思いきや、
どこで着いたのか、焦茶色の葉っぱが一枚ひっかかっていた。

ちいさい秋、みっけ・・・♪

f0229926_11383451.jpeg

逗子と葉山、もっと行ってみたいな。お洒落なお店もありそうだったし・・・。
もっとも、あちこち徒歩でまわれるようなところじゃないし、できればドライブで。
ただし道が混むことで名高い夏場はやめておいた方がよさそうだ。w

雨に降られることもなく久しぶりに着物de遠足を満喫した一日。おかげでリフレッシュした〜!
このたびのお誘い、どうもありがとうございました♡

PONNALET

by team-osubachi2 | 2017-10-08 17:40 | 着物のこと | Comments(10)