2017年 09月 01日 ( 1 )

待ち遠しい秋

(どういう訳か、一昨日からパソコン操作によるブログのログアウトと
ログインが上手くいかないので、iPhoneからの投稿を試みる)

若かりし頃、昭和の邦画にはまって手当たり次第に見ていたのだけれど、
ことに台詞を覚えるくらいに繰り返して見たのが小津安二郎作品。
ゆったりしたテンポも、なんでもない日常に起こるなんでもない出来事が
主人公や家族に波紋を広げてゆき、また静かに収まって行くのを見ていて、
家や小道具、衣装にも目がいくうち、もっとも心惹かれたのが
登場する女の人たちが身につけていた浦野理一さんの着物や帯だった。

いつか私もあんな着物や帯が似合うようになりたいなあ〜と思いはしたものの、
自分にはそういう運はなかなか巡ってはこなかった。

そのうち自分自身いろいろな経験を経るうちに、着物への愛情はまったく変わらないけれど、
以前のように自分の物にしたい!というような所有欲はすっかり大人しくなり、
ただもう綺麗なものを眺めるってだけで充分楽しめるようにもなったりして、
むしろ欲をかかなくなった今になって(むしろそんな今だからか?)
ひょんなご縁があって私の手元に浦野さんの縦節紬の無地の帯がやってきた!
それもずっと憧れてきた赤系統♡

f0229926_13565512.jpeg

まあ!こんな事もあるのね〜・・・なんだか夢みたい♡

今日から九月。
きっとまた残暑も盛り返してくるだろうけれど、十月は直ぐにやってくる。
ことのほか袷の季節が待ち遠しい秋である ♪

by team-osubachi2 | 2017-09-01 14:05 | 着物のこと | Comments(12)