2017年 07月 16日 ( 1 )

絽の着物

ここのところずっと真夏日が続いている。なんとも暑い日々。

今週末、思いがけずよそゆきを着て出かけるかもしれないので、
ちょっと絽の着物の下見をしておこうか・・・と、箪笥をあけてみれば、
そうだ、私の箪笥に絽の着物は、おふくろさまがむかし誂えてくれた
一つ紋灰緑色の色無地(それと五つ紋の黒)一枚しかない?!・・・のだった。

秋明菊が染められたやさしげな付下げは(人によっては五十代でも着られなくもないが)
私のニンではなかったし、これから着てくれることを見込んで若い姪っ子に譲ってしまった。
若いころによく着た青い地に白い蕾模様の小紋はだいぶ前に処分してしまった。
・・・えっと、えっと、ほかに持ってなかった〜?

持ってないんだったわ〜。そう、これしか持ってないのよね、絽の着物って。
だって、滅多に着る機会がないわ、年々暑くなるわで
絽の着物なんてもう要〜らない!って思ってたんだもん。

一つ紋の色無地があればなんとでもなるっしょ、と思っていて、
実際真夏によそゆきを着るならそれで充分やりくり出来てたのだけど、
いちばん役に立ったのはやっぱりお茶を習っていたころかなあ。

f0229926_16172692.jpg

安直なアルバムに記した日付は2003年8月とある。
当時稽古していただいた社中で希望者のみでやった正午の茶事。
茶道会館の「山里」をお借りして、三名のお客様を前に
後座の亭主をつとめさせていただいたときの写真。

面白かったなあ〜、茶の湯における手前座には宇宙がある!な〜んて思ったっけ。
朝から集中の連続だったので、暑さは二の次だったかも。
いやあ〜、でも、もうあんな集中力は続かないね、きっと。

f0229926_16175608.jpg

いまでは暑さの感じ方も若いころとはだいぶ違うのだけど、
う〜ん、う〜ん、う〜ん・・・こう、なんていうか、ワードローブとして今さらだけど、
せめてもう一枚くらい絽の小紋なんかあってもよかったんじゃないかしらん?

f0229926_21235212.jpg

こうなってはもうしょうがない。絽の色無地を着ましょうかね?
帯は黒と黒紫の地色の絽綴れ、帯留には玉虫を♡
・・・と心積もりしておき、さて、半襦袢に半衿もかけておかねば。

以前よりも今の方が似合うだろう絽の色無地。
うっかり「暑くて着ないから」といって放り出したりしなくてよかった♪

by team-osubachi2 | 2017-07-16 16:50 | 着物のこと | Comments(6)