2017年 05月 10日 ( 1 )

絣木綿デート

*5月8日(月)晴れ

以前着付けを教えた友だちが、
「普段気軽に着られる着物として久留米絣を誂えました〜!」というので、
じゃあ横浜で会いましょう、と絣木綿デートしに行ってきた。

この日の予想最高気温は横浜で28度。あぢい〜。
私の木綿の単衣は弓浜絣一枚きりなので、これを着る。

長襦袢は、手持ちの半襦袢に、これも貰い物だった紋紗の麻で
両袖と裾をぐるりと縫って半襦袢に合体させた自作の「なんちゃって長襦袢」だけど、
汗も気にせず洗濯もザブザブ出来るから気楽でいーんだ〜♪

まだ身体が暑さになれていない感じだから肌襦袢は省略して、
巻いた晒の上に(晒と麻の)長襦袢と、絣木綿の単衣を着る。
帯もひと様からいただいた八寸の型染めを自分で半幅にかがったもの。

私は半幅帯を締めるときも、帯揚げと帯締めを使うのが好き。
ゆるみの心配もないし、正面からみれば普段着でもくだけすぎない格好に見えるからかな?
帯留はどうしようかな?蓮の葉の提げものを主役にして、帯留はよしておこうか。

f0229926_22475051.jpg

午後のんびりとお茶出来るような時間に待ち合わせた場所に、
亀甲に麻の葉と小花模様の久留米絣を着てあらわれた友だちは半幅帯を小粋に結んでいた。

きけば我がお団子ちゃんの着付けノートを見て締めてくれたそうな。
おおー!ご利用いただきどうもありがとう!

f0229926_22480912.jpg

実は私はいまだにこれが「矢の字」なのか「吉弥結び」なのか、
どっちがどっちなんだかわからないままなのだけど (^ ^;;
個人的な印象でいえば、たれ先は斜めっている方が後ろ姿が、
ことにお尻まわりが「シャープに見える」。
だから背が大きい方や、お尻が大きいと思っていらっしゃる方にはこちらをオススメする。

一方の、たれ先がまっすぐに下がっている方も好きで、こちらは雰囲気が少し優しくなって
小柄な人や柔らかい雰囲気が似合う方にはそちらをオススメしちゃうかなあ。

・・・で、友だちの入場券で一緒に見たのがコレ↓(会場ポスターより)

f0229926_09194991.jpg

さすが!池田先生!目ヂカラすげーーー!!

すみません、ことさらなファンでもないくせに池田先生の漫画を読んで育った身には、
先生の美しい原画と華麗なご経歴を目の前にしては、
さながらマリー・アントワネット様の御前にひれ伏す
下々の人間と化してしまうのであります。・・・ははーーっ!
よりによって絣木綿なんて着ている手前どもには、ことのほか眩しうございました。w

楽しく見終わって、百貨店の階下でお茶をしながら、あれこれ着物談義 ♪

f0229926_22482281.jpg

だれもいなかったので化粧室の鏡前で並んで一枚パチリ。

友だちは、絹ものとちがって、これなら居酒屋へも行きやすいし、
「着ていてすごく楽♡」と言って嬉しそうだった。

木綿のデビューにはもってこいの季節。これからもおおいに愉しんでね ♪

by team-osubachi2 | 2017-05-10 09:50 | 着物のこと | Comments(5)