2017年 04月 06日 ( 1 )

玉虫色の帯留

昨年の秋のこと。
私のブログを見た着物友だちが「もしよかったら・・・」と、帯留をひとつくれた。

f0229926_21512414.jpg

箱の蓋をあけると、中には・・・玉虫が一匹?!
あらま〜!!なんてよくできた七宝細工♡
こういう虫の帯留なんて好きな人、そんなにいない?もう喜んでいただきますよ♡

去年近くの公園でみつけた玉虫の羽根の日記を読んでくれたのネ?
よく出来てるわあ〜。本物を並べるとこの通りだもん。

f0229926_21513898.jpg

でも、これ、そう・・・使えるのは二分紐?じゃ買いましょう!二分紐。

と言うワケで、昨日は松屋銀座で開催中の「七緒の『和トセトラ』2017」へ。

ご挨拶がてら顔をだした月日荘さんで見つけたベージュと薄茶の
リバーシブルな二分紐は、さしずめ玉虫が生息する榎の木肌をイメージして選んだもの。
もちろん私の手持ちの帯の色も考慮して・・・。
これでこの春からデビューして夏いっぱい、秋のはじめ頃まで使えるね。

f0229926_21520477.jpg

ほら!さっそく和装小物がひとつ増えたじゃない?
玉虫の羽を「箪笥に入れておくと衣装持ちになる」っていう言い伝えは
もしかしたら本当・・・かもね?w

*********************************************

おまけ:昨日ご一緒した着物友だちのおねえさま方の装いをば。

黒地の山田織に、おおどかでまほろば調の柄が洒落てる染め帯のTさん。

f0229926_21522692.jpg

牛首紬に、こちらもおおらかで茗荷やうさぎなど遊び心あふれる染め帯のFさん。

f0229926_21524737.jpg

私も昨日はFさんのものとはまた縞の構成が違う牛首紬♡

それに以前手持ちのバティック布を仕立てた名古屋帯で。帯留は早めに陶製の牡丹。

f0229926_21525930.jpg

昨日はようやくあたたかくなったと思ったら気温が一気にあがって20度超え。
これ、袷から単衣に直した牛首紬だけど、着ていてちょうど具合よかった。
牛首紬は別名「釘抜紬」って言われるくらい地がしっかりと打ち込んであって、
サラリとした手触りの紬だから、こんな急に気温が上がった日にはもってこいヨ♪

気が早いだとか、掟破り・・・って言われてもいーのいーの。気にしない。
これからの季節、まだ肌寒い日もあれば、急にワーッと暑くなる日もあるから
(礼装は別にして)普段着は心地よく快適に着ることが大切。

夕方はざっくりとしたコットンショールを巻いて帰宅した。
楽しい一日だった。

by team-osubachi2 | 2017-04-06 23:21 | 着物のこと | Comments(8)