2017年 03月 04日 ( 1 )

もとはただの通りすがりの者が帯や端切れを手に入れただけだのに、
この人の真摯な仕事ぶりと、周辺で奉仕する女性たちにほだされて、
なぜか好き勝手に後方支援もしながら、その様子をずっと見守りたくなってしまった私です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ほんの数年前まで「生まれてくるのが百年遅すぎた」というようなことを言っていた
その同じ人物の口から「オレは運がいい」という言葉が漏れでてくるとは・・・。

リバマ事件簿ー了/けろ企画

人生ってなんて面白いんでしょう。ほんと、人間、最後までわからないものだなあと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そんな正藍型染師の田中昭夫さん(通称・御大)と、
その布を使った若い衆らの作品展@月日荘がいよいよ10日(金)からはじまります。
(*この展示は終了しました)

以下のお写真は、月日荘さん、けろ企画さんそれぞれのサイトから承諾を得て
ここに転載させていただきました。


f0229926_21342802.jpg

f0229926_21343889.jpg

f0229926_21345169.jpg

f0229926_21340598.jpg

f0229926_21350734.jpg

f0229926_21352421.jpg

f0229926_21354068.jpg

f0229926_21363463.jpg

f0229926_12011186.jpg

あれこれと言葉を述べる必要もなく、お写真をいくつか並べるだけでも
田中昭夫さんという御歳82になる職人の仕事ぶりが伝わってきます。

岡崎木綿を中心にした帯地がおよそ五十反(仕立て上がりもあります)、
韓国の手績手織の麻の帯地も十数反(売り切れご免!)、
ほかに切り売りの布に端切れ、雑貨小物、洋服などがいっせいに並ぶようです。


f0229926_21573687.jpg

初日・二日目は田中御大とTG(田中ガールズ)も会場にてお世話なさるそうです。
この機会にと思われる方は、ぜひ名古屋の月日荘さんへお出かけいただければと思います!!
(*この展示は終了しました)

正藍型染師 田中昭夫/月日荘展特設サイト

月日荘/Facebook

正藍型染師 田中昭夫(カテゴリ)/けろ企画(blog)

by team-osubachi2 | 2017-03-04 22:06 | 着物のこと | Comments(8)