2016年 12月 11日 ( 1 )

ケヤキの植え替え

もう記憶があいまいになってるのだけど、四、五年ほど前のこと。
川べりから採取しておいたアサガオの種を蒔いた鉢から
待てど暮らせどアサガオの芽吹きは見られず、
代わって突然芽吹きだした謎の芽。

可憐な双葉はでもどこかガッシリとたくましく
のちに茂りはじめた葉っぱを見てようやくケヤキの木と判明。
へえ〜〜〜〜、ケヤキってこんな風に芽吹くのかあ・・・。
近くの公園から採取したアカマンマの土にでも種が入り込んでいたのかもネ。

でも、まてよ?!あんな巨樹をいったいどうやって育てたらいいんだ?

大樹とまではいかずとも、せめて腰の低い賢いコ(?)に育てるべく
自分に扱えるギリギリと思った高さで成長点を切って大きめの鉢に植え替え、
テキトーに剪定もしながら数年かけて様子をみていたけれど、
去年から新芽のところになにやらアブラムシの仲間が
(だからアリがさかんに枝先まで登ってくるんだ)
たかるようになってしまったみたい。おかしいな・・・。

何の気なしにケヤキの足元に植えたリュウノヒゲも繁殖し、
栄養が足りなくて弱ってるんだなあということにやっと気がつき、
昨日ベランダの掃除がてら、友だちがくれた大きな鉢に単独で植え替えてあげた。
すっかり遅くなっちゃってごめんね〜!


f0229926_11462968.jpg

しかしうっかり一緒に植えてしまったリュウノヒゲの根っこの繁茂ぶりには参った!
おかげでケヤキの根っこの奥までほじくりだしたので、
ケヤキの根もだいぶキズついたかも・・・。
(リュウノヒゲはリュウノヒゲで、ひと鉢用意して植え替えてあげたけど)

草木などの植物の生態には興味があっても、園芸には無頓着な人間なので
土の配合もアバウトだから、はたしてちゃんと根がはってくれるかはわかんない。
あとはこのコの生命力を信じて、水やりしながら見守るしかない。

丘の上の暮らしも七年がすぎた。
うちのベランダにはどんな植物がいいのか、私が面倒をみられる範疇はどこまでか、
あれこれ採取したり、人に分けていただいたりして様子をみてきたけれど、
どうやら花ものよりも草や木の葉っぱものが向いてるようだ。
来年はシランやチガヤ、イトススキのように
風にそよそよとなびく葉っぱを茂らせようと思っている。

by team-osubachi2 | 2016-12-11 12:06 | 生きものの世界 | Comments(4)