2016年 12月 07日 ( 1 )

暦でいえば、今日は二四節気の「大雪」なのだそう。
ここんとこぽっかぽかな陽気でキモチが悪いくらいだったけれど、
昨日の午後から木枯らしが吹きはじめてようやく師走らしい寒さになった。

そんなしっかり寒い日用に・・・と、以前ネットでポチったウールの道中着。
上等のカシミアや上質のベルベットなら無地のまんまがいいのだけど、
値段に応じた出来に嘘はなく(苦笑)
そこはかとなくチープ感が漂うのはもうしょうがないことなので、
そのチープさをいっそ逆手に取って遊んでみることにした ♪


↓Before
f0229926_13202050.jpg

で、先月からまた夜なべ仕事で針を持ち、
手持ちのウールの道中着に、『布博』で買ってきたコットンテープを
(リボンみたいな両面ではなく、ミシン刺繍の裏みたいになってて
片面しか使えない紐だからテープでいいわよね?)
裾まわりと袖の片面ずつに縫いつけてカスタマイズしてみた。

地色がサンドベージュなので、見繕った色は、
生成り、深緑、ボルドー赤、それとグレイの四色。
写真だと、ウール地とテープの色がなじんでるようにはとても見えないネ。w


↓裾前の試し置き
f0229926_13203314.jpg

おおよそどこに入れるか、試着してメインのラインを決め、
前身頃からてきとーに切ってならべながらデザインを決めていく。


↓袖部分の試し置き
f0229926_13212714.jpg

袖もね、付け下げにならって、右袖は後ろ側、左袖は前側に
これもテープをてきとーに切っておいてみる。

裾まわりと袖がおおよそ決まったところで、
どうしようか悩み悩み襟もとにも仮置きしておいた。


↓襟もとの試し置き
f0229926_13214565.jpg

そしてまた試着。どうも気に入らないバランスのところは二度三度並べ変えてみて
裾模様の決まったところから縫い留めてゆき、
もちろん裏地に糸を出してしまわないよう、ひと手ひと手確認しながら進める。
(たまにほどく羽目にもなったけど・・・)

裾まわりが終わったら、そこでまた試着し、袖模様を決める。
平面で見るのと、着てみるのとではやっぱり様子がちがってくるから
ときどきで試着は必要なのである。

そして襟もとをどうするか・・・。
髪がベリーショートの私は、真冬にはこのコートにあわせて帽子もかぶるので
帽子にマフラーに襟模様では、顔まわりがうるさくなるので襟もとはやめておいた。
・・・え?着物なのに帽子?と驚くなかれ。
ショート髪のせいかこの道中着に帽子をかぶると
マントに帽子をあわせるかのごとくバランスが取れる気がするのであ〜る。

そんなこんなで昨日、ようやくぜーんぶ縫い終え、アイロンをかけて
私のウールの道中着が出来あがった♪


↓After (Back)
f0229926_13222133.jpg

↓After (Front)
f0229926_13220597.jpg

実際の色目はもう少し落ち着いた方向に沈んでいて
古着じゃないのにすでに古着めいた色味になってしまっているのだけど、
果たしてこれが成功なのか、失敗なのか、
手塩にかけた分だけはやくも愛着がわいてきて自分では判断がつかない。

でも、自分だけの、ある意味世界で一点だけの道中着。
チープでもいい、失敗でもいい・・・嬉しい。とにかく嬉しい♡

これでもういつ強烈な寒さがやってきても大丈夫!
いやあ〜、しかし、くたびれたあ〜!もうやらないぞ〜こんなコトは〜!!w

by team-osubachi2 | 2016-12-07 14:23 | 着物のこと | Comments(8)