2016年 08月 09日 ( 2 )

女四人でまったりと

この夏はわずか半月ほどの間にイラストの師匠と、人生の大先輩と
自分の人生にとって二人の恩師が立て続けに亡くなられて、
ああ、もう叱ってくれる人がいなくなってしまった・・・と
ひさしぶりに両親を見送ったあとのような寂しさを味わい
しばしぽつねんとしてしまったけれど、
昨日のお弔いのあと、いったん帰宅しひと休みし、
普段着に着替えて夕方からまた出かけた。

もう20年近くつるんでいる友だちの「聖誕祭」。
幹事としてはこれを休むわけにはいかない。
今回は主賓の希望で、蒲田にある中華店で餃子を食べ、
商店街からちょっと歩いていった先にある
「ヌーランド」という天然温泉で“裸祭り”をやった。

f0229926_1304316.jpg

「ヌーランド」の温泉も、この前行った綱島温泉と同じで
関東ローム層と古代の海藻の堆積をくぐりぬけてきた黒湯だけど
おかげで湯上がりのお肌はしっとりさらさら〜♪

f0229926_13103438.jpg

気の置けない女友だち四人で飲んだり食べたり、
一緒にお風呂でおしゃべりしながらダベって日ごろの疲れをほぐす。
休憩所でトマトジュースだの氷小豆だので寛いで帰るころには
もう一人寂しさにぽつねんとした感はどこかへいってしまったようだった。

人間、生きて死ぬ。
それのくり返し。うん。生きてる間はみんな同じだね。
おかげさま。いい一日だった。
by team-osubachi2 | 2016-08-09 13:16 | 日々いろいろ | Comments(2)

またひとつの旅立ち

今月のあたまに、またお一人
私の人生の恩師のように思っていた方が身罷られた。

大好きだったご主人が亡くなられて七年。
ご自分の身体にガンが発見されたのちも
いっさいの治療はせず、緩和ケアだけで過ごされてきた。

病床にあっても家をきれいに片付け、さまざまな人の悩みのご相談にも耳を傾け、
体調のいいときには友人らの訪問を受け、お洒落とおしゃべりを楽しみ、
(娘時代の小紋を直されたというガウンをお召しの姿がとても優雅で素敵でした♡)
身辺の始末いっさいを甥御さん姪御さんの手を借りて取り決めておき、
立つ鳥跡を濁さずの言葉の通りに旅立ってゆかれた。

テレビや映画でそういう人の最期の姿に感銘を受けることはあったけれど、
こういう自ら幕引きするその姿を身近に見せていただいたことが
最後の学びになりました。

f0229926_14405374.jpg

ようやく大好きなご主人さまと会えますネ ♪
瞼に浮かぶのは、お若くなられて
「ありがとうございます。ありがとうございます」と
にこやかにご挨拶していらっしゃる姿。

本当の自分を知り、その本当の自分を好きになって、
自分が持ち得る最高を目指して(人間や技量を)磨くこと
・・・と教えていただいたこと、忘れません。

長い間、どうもありがとうございました。
合掌。
by team-osubachi2 | 2016-08-09 12:38 | 日々いろいろ