2015年 05月 06日 ( 1 )

*このイベントは終了しました
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

というワケで、昨日は日本橋へ出かけ、
いま開催中のイベント『わーと日本橋』を見物してきた。
http://okakara.exblog.jp/23958139/

f0229926_9572227.jpg

日本橋にKOREDOなる商業ビル群が建ってから
足を踏み入れるのはこれがはじめてだしね、
自分もいまや田舎人に帰化しつつあるせいか、
会場があるビルが・・・えっとどれだっけか?という有りさまよ〜。w

え〜っと、あ、ここですか。ハイハイ。
4階が受付で、パンフを受け取って5階へ、ね。

f0229926_9575168.jpg

通路にはちいさな可愛らしい出店がわいわいと並んでいて、
学祭みたいでワクワクする。
ざざっと軽くひやかしてからこのイベントのメインである
「きものコーディネートの森」会場のホールへ。

入り口には、まず布と竹あかりのコラボ作品のブースと
誉田屋源兵衛の十代目さんの重厚すぎるくらい(?)の素敵な作品展示ブース
(私は先代のころの誉田屋さんの帯の方が好みでしたが
当代の責める姿勢といいますか、ご活躍ぶりは凄いですね)があって、
薄暗いそこを抜けてから足を踏み入れたホールは・・・おお、着物の森だ!?

f0229926_958266.jpg

ホールの真ん中に設えてあった高床式の茶室でのお茶は
何時間か待たなくちゃいけなかったのでパス。

約200体もある着物トルソーが林立する中、
人気投票するんだってアンケート用紙を渡されたので、
お友だちの方々のコーディネートも拝見しながら
自分はどれが好きかな〜と思って見て歩いた。

結果、イチバン好ましく思ったのは、コレッ!!↓

f0229926_1024589.jpg

宮川徳三郎さんコーディネーションのがっつりデニムの袴!
・・・好いっ!!

真っ赤な地に鶴が舞う長襦袢地のシャツに、
クロムハーツみたいなネックレス。
あわせた革靴もいいけどね、いっそビーチサンダルなんかにして
ドレッドヘアの日焼けした男子に着せてみたいぞ〜!

・・・え?私?・・・私は着ないけどネ。

でも、もしもボブ・マーリーが生きてて来日したら
これをプレゼントしちゃう♡・・・って
アンタ、別にファンでもないじゃん、って突っ込みを自分で入れつつ、
いいのよ、だってこれ妄想だも〜ん!

女子のデニム着物は、その布の重さゆえに
軽いオンスの薄い生地が多いけれど
デニム好きとして、ガツン!とした布の良さを活かした
デニム着物も応援しているのである。特にメンズね。

f0229926_1043029.jpg

デニム着物だけでなく、なんていうかインディーズ系、
キュートでカワイイ系、シック系、古き良き古典系など
いま、着物業界はいろんな好みがいっぱいあって
それはそれで見ていてとても楽しい。

あ、半幅帯でカジュアルに着物を愉しむ人もずいぶんと見かけて
会場を訪れた人たちの着姿も眺めて嬉しかった。

でも、自分の知っているわずか四半世紀前とくらべても、
どことなく粒がちいさくなったなあ〜という気がするのはナゼだろう?

モードを生み出し牽引していらしたカリスマな先生方も含め
技術を持っている職人さんたちも高齢化しつつあって、
(いや、すでにもうあちこちで危うい状態になってるけど・・・)
いま、着物の世界に若い世代をもっと引っぱりこむほどの
若く強いリーダーが登場していないなあという気もする。

f0229926_105834.jpg

この現状は時代の流れか、ドングリの背比べのようでもあるし、
もしかしたら雨後のタケノコという時期なのかもしれないし、
そんな中でも、こういうイベントを企画し
開催する方たちのご尽力のほどは想像に難くなく、
この中からいつか次世代の強いリーダーが登場するのを見守りたいな。
ま、どんな状況であれ、こんな風に情報を発信するというコトは大事だよね。

ホールの茶室だけでなく、ロビーの奥には小休憩できるスペースもあって
コーヒーと焼き菓子でちょこっとブレイク。
おしのぎ用の小弁当なんかもあるよ。
なかなか楽しいイベントでしたん♪

10日(日)まで好評開催中!ご興味のある方はぜひ♡

わーと日本橋
http://wa-art.net


by team-osubachi2 | 2015-05-06 11:33 | 着物のこと | Comments(8)