先週末の金曜午後、銀座の美容院へ行ったあと
急に気が向いて、竹橋の国立近代美術館で開催中の
『生誕110年・片岡珠子展』を見に行ってきた。

百歳をいくつか超えてから鬼籍に入られたので、
110年がひとつの節目ということになるのだろうか。
この方の経歴を思う時、五十歳にして美術の道で一本立ちされたということが
いまその年齢を迎えた私のような者には非常に励まされる思いがするのだけど、
もとよりレベルが違いすぎるので、ある意味、
単純に年齢的なコトだけをありがたく励みにするのであ〜る。w

しかし、それにしても五十歳を超えてからの制作は凄まじい。
チラシを並べるだけで、画面からはみ出すほどのエネルギーが伝わってくるようだ。

f0229926_1450684.jpg

何年前のことだったか、日本橋のデパートで
会場内を暗くして、人の姿も暗さの中に溶け込ませておき、
珠子ちゃんの面構えシリーズを手前下から照明をあてて、
絵だけが浮かび上がる展示の仕方にものすごく感心したことがあったけど、
一方でこんな風にケレンなく、素直にひろびろと大きな空間で展示される大作は
やっぱりこれはこれで清々とした心持ちで観られて、
片岡珠子女史の・・・というか「珠子ちゃんのドッカーン!な絵」の展示には
どっちもアリだなあ〜と思った。

f0229926_14524542.jpg

f0229926_14531978.jpg

近年のミュージアムは金曜だけ夜八時まで開場というのがありがたい。
夕方、会社帰りとおぼしき人たちが来場するまでは見物人も少ない上に
普段時間がなくてつい省略しがちな所蔵コレクションも
ゆっくりと観てまわれて嬉しかった ♪

追記:ブログ「弐代目・青い日記帳」さんの
この展覧会の日記の結びの一節がいいなあ〜♪
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=3943


『生誕110年・片岡珠子展』/東京国立近代美術館にて5月17日(日)まで
http://www.momat.go.jp/Honkan/kataokatamako2015/


by team-osubachi2 | 2015-04-26 15:24 | 出かける・見る | Comments(4)

午前中サクッと着物に着替えて
西荻窪の「一欅庵」という古民家ギャラリーで
昨日今日と二日間のみ催されていた『和の暮らし展2015〜春夏〜』へ
ひとっ走り覗き見に行ってきた。

はじめて訪れる会場の『一欅庵』はすこぶるいい日本家屋で
主に建家ばかり熱心に見ていたのだけど、
二階にあがってペタコさんの案内で金属工芸の芝原伸子さんのところを見たらば
仮名文字が彫ってあるのを見つけ、急に思いついた。
そうだ!自分が描いた絵に書き入れている「お.」のサインを
根付けにしてもらおう!!

f0229926_1942236.jpg

ちいさな金色の「お」の字の下、
「ドット」部分には赤い石を下げてもらった。
まあ、おの字に比べてドットが大きいのはご愛敬?!
いいの。あくまで“見立て”なんだも〜ん。w

季節を問わず(個展のときなんか特に)帯に提げて楽しみたいものであ〜る ♪


*一欅庵『和の暮らし展2015〜春夏〜』は本日で終了しました


by team-osubachi2 | 2015-04-26 11:17 | Comments(6)