2011年 05月 30日 ( 1 )

20年ほど前に、デザイン会社を退社して独立したさい、
四国を2週間ほどぶらぶらと旅して歩いたコトがある。
いまから思えば、お金はなかったけれど
なんて時間に贅沢な旅をしたものだろう!と感心する。

そのおり、高松からフェリーに乗って、
一日小豆島をゆっくり見てまわった。
そこではじめて「岬の分教場」のある
映画『二十四の瞳』のロケ地へも行ってみた。
現在はそこそこの立派な映画村になっているようだが、
自分が訪れたときの記憶では、田舎らしい古い木造校舎がぽつんとあるだけで
平日で人もいない小さな校舎や運動場から
道をへだてて向かいには瀬戸の海があり、浜辺へおりて行くと
たださざ波の音だけが静かに聞こえるのどかな場所だったように思う。


f0229926_1713085.jpg

DVDでも幾度となく見ているが、先日BSで放送された
映画『二十四の瞳』をあらためて見てみた。
大阪へ行っているはずのまっちゃんが、こんぴらさんの参道わきの飯屋にいて
修学旅行で訪れていた大石先生とはからずも再会し、
港の堤防を泣きながら、大石先生や同級生たちを
陰ながらに見送るシーンは何回見ても泣いてしまう。

どこかで読んだ話で、子どもが本当につらいとき、
この大石先生のように一緒に泣いてくれる先生がいてくれたら、
それだけで、その子の後の人生にどれだけ助けになるだろう・・・と。
いまもどこかに大石先生のような先生がいるかしら?
きっとどこかにはいるだろう。いてくれるといいなあ〜と思う。

*イラストレーションの無断使用及び複製・転載を禁じます
by team-osubachi2 | 2011-05-30 17:51 | 人を描く | Comments(2)