餅花飾りをこしらえる

今年の端午の節句飾りで紙粘土の工作の面白さをおぼえたので
昨日またひとつ作ってみることにした。

題して「かえぬなら こさえてみせう」シリーズ第二弾!

今回は正月飾りなどでよく見かける「餅花」。
これも実は前々から欲しかったもののひとつだったから。

なので、いつかこしらえるのを想定して、夏の間にね、
台風のあとなんかに近くの公園で折れて落ちていた竹の小枝を少しずつ集めておいた。
本当言うと、枝垂れる柳の枝が欲しいとこだけど、
近くで入手は難しいし、買うと高そうだし、
それにあんまり大きな飾りにはしたくないし、で、竹の小枝でいっかなあ〜、と。

ほかに用意したものはスーパーで買える軽量タイプの紙粘土と手持ちの赤絵の具だけ。
材料費は200円とかからない。笑

f0229926_20075462.jpeg

作り方は説明も要らないね。
竹の小枝の節に適当に練り込んだ紙粘土を付けていくだけだもん。

f0229926_20081871.jpeg

とはいえ、一発で枝にくっ付けようとすると、どうもピタッといかない。

ちょっと考えて、いったん米粒ほどの「止め溜まり」をあらかじめ節々に付けておき、
それを巻き込むようにしてひと玉分を付けるとしっかりと定着した。

あとで紅玉もつけるスペースをあけておいて・・・と。

f0229926_20083141.jpeg

端午の節句用に作ったくまと金太郎の置物はどっしりと重い紙粘土を使ったけど
このごろの新素材の紙粘土はなんて軽いのかしらん?!
手にべたべたとくっつかないから、扱いも楽チン〜〜♪

紅いものは赤絵の具を色味をみながら混ぜ込んで・・・。

f0229926_20084640.jpeg

バランスを見ながら、白玉のと同じ要領で紅玉もくっ付けていく。

f0229926_20085965.jpeg

あとは乾燥させて出来上がり〜♪

f0229926_20091320.jpeg

なんてカンタン!!

実際棚に飾るのはまだもうちょっと先だけど、
これにあう容れ物、何かあったかしらん?・・・ちょっと考えないとね。

f0229926_20094006.jpeg

今回使ったこの紙粘土、気に入ったわあ。
安いし軽いしテーブルも手もほとんど汚れないし、また何か作りたいなあ〜♪

・・・って、ホントは胸の中に作りたいものはもうあるんだけど、
ま、あわてない、あわてない。

Commented by phenix at 2017-12-13 08:47 x
おお、紙粘土ですか。
その手があったか!という思いです。
毎年お餅をチンして、紅白に色付けして
手にはくっつけど、枝には中々くっつかず四苦八苦
いいですね~これ、今年はこれで行こうかな
良いアイディア頂きました
Commented by sogno-3080 at 2017-12-13 09:03
餅花、色とか形とか、うん、さすが!のお仕事。
真っ赤ではないところがいいのよね~

紙粘土で作るものといえば、私には例のアレ❤しか思いつきませんが。
私も過去にお福さんを作った記憶が。
Commented by team-osubachi2 at 2017-12-13 16:03
phenixさん
phenixさんの方面では毎年餅花を飾られるのですか?いいですねえ♪
子供のころ、実家の富山では餅花、というより、北陸は浄土真宗王国のせいか、どちらかというとお正月すぎてからのお釈迦団子の方が馴染み深いものでした。
もっとも大人になってからそういう風習がまだ残ってるのか確認したことはないのですが。

食べられる餅をわざわざ花にするには、きっといろんな意味合いが込められていると思いますけど、それに比べて紙粘土のお飾りはいかにも気楽です(^ ^;;
一度やってみて、やっぱりお餅でこさえる方に戻るというのもまた良いものだなあって思いますです。
Commented by team-osubachi2 at 2017-12-13 16:11
sognoさん
ついツボにハマってしまうと、きっちりキレイにしたくなる「落とし穴」に落ちそうになるんですけど、
そこそこ丁寧に、でもほどほどの完成度で止めておく方が
見てて飽きないコツだ・・・と自分勝手に思ってまして(^ ^;;

sognoさんもまたいかがですか〜?紙粘土細工。
乾いてから着彩すればいいだけですし、アレ♡のお仲間を少し増やしてあげてくださいな。w
私の目論見は〜、ん〜、ま、来年にですけど、「突然やる気」が起きるまでが長くてね〜〜。苦笑

by team-osubachi2 | 2017-12-12 14:11 | これが好き | Comments(4)