もっと活かそう!むかし買ったもの−2

お盆休みがはじまった。今日は「山の日」という休日だそうだけど、
関東一帯は小雨が降ったり止んだりして、ずいぶん冴えないお天気だこと。
我が家は大人しく家での雑事や仕事をするお休みである。

さて、個人的「もっと活かそう!むかし買ったものキャンペーン」その2、の話は
フレンチリネンのワンピースについて。

パッと見、「貫頭衣ですか?」な雰囲気に見えなくもない。
(貫頭衣・・・何のことか歴史好きの方ならすぐにおわかりですネ?)
いつ買ったのかも覚えていなければ、前回はいつ着たのかも覚えてないときた。
たぶん布生地がいいから手放せなかったんだわね。

f0229926_19104384.jpg

ひざ下の着丈だけど、肌寒いから田中御大の藍染めボトムスを重ね履きして
先日やっぱりこんな冴えない曇天の肌寒い日に着て出かけた♪

f0229926_19105569.jpg

むかった先は駐日韓国文化院。二階のホールで開催される
韓国仮面舞踊の観賞券を友だちが抽選で当て誘ってくれたもの。

で、到着したホールでは、ちょうどハングルの書家による
書芸パフォーマンスがはじまったところだった。

f0229926_19112515.jpg

その作品に会場に居合わせたみなさんも自分の名前を書いてくださいというので
私も備え付けのサインペンで書いたまではよかったのだけど、
そのときにどうもうっかり墨をワンピースにつけてしまったらしい。
ガビーン!?・・・であった。

f0229926_19113840.jpg

でも慌てない。
墨は基本的に煤の粒子と膠で出来ている(はず?!)。
偶然ながら、ついこの前たしかこの前ネットで墨のシミの落とし方をネットで見ていたので
その場では何もせず、帰宅してからまずはご飯粒をシミに練り込んでみた。
・・・・・・う?落ちない。

むしろ少し滲んでしまったかも?
内心焦りを感じながら、続いて少量の練り歯磨き粉と歯ブラシで
流水をかけながら軽くゴシゴシしてみた。

・・・・・・お?どうやら落ちそう?

裏に滲みた墨も軽くこすってみたらば、どうにか薄くなったようなので、
これ以上やっちゃったら生地を傷めそうだったのでやめて、洗濯機で全体を洗っておしまい。

せっかく活かそうと思った矢先のしくじりで焦ったけど、
乾いてみたらかなり目立たなくなったのでひと安心。
歯磨き粉のせいか、ごくうっすらと生成り色が白っ剥げた気もしないではないけど
洗濯をくり返せば馴染んでくるかもだし、まあ、こんなところでよしとするかな。

f0229926_19115093.jpg

このワンピースにラフィアの麦わら帽子かぶって皮のサンダルはいて、
南フランスの田舎町なんか歩いてみたいわ〜♡
って、そんな夢みたいなことはひとまず置いといて、
とりあえず湿気ってジメジメの日本で快適に着られればよしとしましょか♪

Commented by sogno-3080 at 2017-08-12 08:33
救急措置、効きましたね。
まだまだこれからも活躍してくれそう!
フレンチリネン、やはり良いものは良いのね~素敵ですよ。

私も、むかし購入した、袖、丈が短くなって処分寸前のポロシャツ、
大胆に手を加えました。時間はたっぷりあるので❤
Commented by 朋百香 at 2017-08-12 20:30 x
tomokoさま
ハングルの書家ですか、興味深いですね〜。
仮面の踊りはどうでしたか?

白系は汚れが目立ちますから、それが難点ですね。
でも夏はやっぱり白が着たい。
「このワンピースにラフィアの麦わら帽子かぶって・・・」
んー、分かる分かるその気持ち。
私もリネンシャツ着ると、なぜかフランスの片田舎の小道を
歩く自分を想像しますもん。(笑)
Commented by team-osubachi2 at 2017-08-13 12:20
sognoさん
まったくの単仕立てなので、前に紋紗麻の襦袢の端切れで下履き用のペチコートも縫っておいたりしたのですよ。我ながらマメだなあ〜と今さら感心したりして。笑
http://okakara.exblog.jp/17732134/
それでも仕舞いっぱなしにしていたワンピは少ししっかりめの透けない麻なので、クーラーの中に入ってもそう冷えすぎず、もっと活用したほうがいいなあと思いました。

着古しても愛着があるものに手を加えてふたたび活かすのって愉しいですよね。自分のための悦びだなって思いますです♪


Commented by team-osubachi2 at 2017-08-13 12:35
朋百香さん
ハングルの書芸って見る機会がないので、興味深く拝見しました。以前一度だけソウルへ行ったときに書道具店に入って、筆や紙を買ったときに、お店の主人と筆談で「日本は書道、中国は書法、韓国では書芸って言うんだよ」と教えてもらって、へえ〜!でもなんか妙に納得できる言い方だな〜って思った覚えがあります。

仮面舞踊は宮廷向きではなく庶民の民衆芸としての踊りで、「病身舞」というのがあるらしく、それをもとにした現代の振り付け師によるモダンな舞と、古典の仮面舞踊とふたつ拝見しました。仮面をつけた病身舞はおそらく癩病、脳性麻痺、精神薄弱の三種と思われ、それを揶揄するように表現しつつも、おそらく社会と朝廷の政への訴えを含んでいるんだろうということが感じられるものでした。とても面白かったです。
http://www.koreanculture.jp/info_news_view.php?cate=2&page=&number=5450
友だちは長いことK-POPに夢中で、ときどきこの文化院で映画が上映されるときによく行くんですって。たまにこういう催しなんかの抽選に申し込んでは誘ってくれて歴史文化と歌舞音曲が好きな私にはとってもありがたいですんです。笑

うふふ、朋百香さんもですか。フレンチリネンの服を着ると、やっぱり南フランスへ行ってみたくなりますよねえ〜?!
by team-osubachi2 | 2017-08-11 19:32 | これが好き | Comments(4)