夏、銀座で集う

*6月25日(土)晴れ

昨日に続いて、今日も朝からいい天気。
バッチリ夏日、、、だろうなあ〜、暑くなりそうだもの。

昨夜のうちに箪笥から出しておいたのは、お福分けの夏の紬。
ところどころ透けるので、藍色の麻襦袢を下に重ねて透けにくくして着る。
(白でも濃い色でも、どちらの長襦袢も着られるようこの夏紬にはあえて居敷当はつけていない)

あわせた帯は、大好きな沖縄の張り子玩具「闘鶏(トウチー)を染めた琉球紅型。
素朴さと愛らしい表情の型染めって大好き〜♪

f0229926_14400919.jpg

向かった先は「銀座もとじ ぎゃらりー泉」さん。
今回澤田麻衣子さんの初個展でのトークショーということで、
澤田さんとは長いつきあいのY子ちゃんが九州から応援に馳せ参じ、
私にも声をかけて誘ってくれたので、ありがたく参加させていただいた。

この日フォトグラファーの武藤奈緒美嬢も型染め小紋でトークを聴きにきたので
私よりもお若い二人にはさんでもらって記念に一枚パチリ!w
(私が持っているのは、実はカブトムシくんのケージをいれた紙袋)

f0229926_14402294.jpg

工房で修行なさって充分にチカラをつけられてから独立なさった澤田さんの作品には、
しっかりした技術の上に華やぎと優しさが感じられて、
作家としても花が咲きはじめた時期を迎えられたかのよう。

型染めに用いる現代の道具や素材のお話には興味津々。
ご自分が思う色使いのことなどに同感したり、あっという間に一時間が過ぎちゃった。

トークのあと、もっとじっくりと作品を拝見したかったけれど
大変なにぎわいで遠巻きに見ながら、会場に居合わせた知人や
お世話になってる編集者さんへご挨拶にいったりでわらわら。

でも、会場で「ブログを楽しみに拝見しています」と声をかけてくださった美しい方が
澤田さんの帯を締めていらしたので、お話をききながらじっくり見せていただいたり、
なによりこの日Y子ちゃんが締めていた帯が澤田さんにお願いして誂えた帯とのことで、
きけば、Y子ちゃんの人柄もよく知っている澤田さんが提案しつつ染められた作品だそうで、
濃い地色に型絵のクコの花と、絞りによる緑の葉の表情がなんとも素敵でまたよく似合っていた。
うわ〜!これ、イイね〜♡と、武藤嬢と二人でY子ちゃんの帯にノックアウト♪

f0229926_14403772.jpg

おかげでまたひとつ憧れのものが増えた感じがした。
着物世界の憧れが現実になるなんてことはめったにないのだけど、
でも、こういう憧れを持つってそれこそ自由だし、無制限だし、
どんなにたくさん抱いても無料だもん!笑
そういう憧れも、着物好きにはがんばる原動力のひとつになるってものよネ♪

この日手渡しで贈った白い日傘をさっそくその場でさしてくれたY子ちゃん。
うん!臆せずはつらつと差してくれるところが若い着物姿にいっそう映えるわ〜♪
洋傘とちがって、地面に映る影がまあるいところがまたイイね!

f0229926_14404808.jpg

同じく澤田さんとは旧知のY子ちゃんのお母さまとお友だちも大阪・京都から応援に来られて、
四人で一緒にランチをしに銀座の街を横切って移動。
まったくの初対面だのに、お三方とも着物好きのせいか、
親しみやすく和気あいあいとしゃべくりランチタイムを愉しんだ。

銀座のホコ天、真ん中で止まって「どや?!」・・・ようお似合い〜!

f0229926_14410585.jpg

おかげさまで楽しい一日でした♡

お誘い、どうもありがとう。また東京や、横浜にも遊びにきてネ〜♪

by team-osubachi2 | 2017-06-26 17:16 | 着物のこと | Comments(0)