紺定の金太郎

私の飾り棚には端午の節句に飾れるようなものがないなあ〜と思っていたところ、
この春ちょっとした出会いがあって、今月になってにわかに動きはじめた私。

まずはスケッチを描き起こしてみる。・・・うん、まあ、こんなところかな?

f0229926_16523938.jpg

続いて、前に別件に使うつもりで買っておいた子供用の紙粘土を物置き棚から出し、

f0229926_16525740.jpg

ペットボトルの底を切って土台にし、紙粘土をねりねりコネコネ・・・っと。
紙粘土をいじるのなんて、子供のとき以来だけど楽しいもんだネ〜♪

あんまりキッチリ造り込まないところで切り上げておく。
少しくらい歪んでる方が素朴さが出るもんね。

f0229926_16531101.jpg

数日乾燥させたら手持ちのガッシュで彩色。

このあたりを塗ってる間はまだ鼻歌が出るくらい余裕ぶっこいてたけど・・・

f0229926_16534547.jpg

お顔を描くときはむちゃくちゃ緊張しちゃった〜〜!!

私のじいじの天眼鏡使わないととてもじゃないけど細かいところは描けない。

f0229926_16540796.jpg

一気呵成に色をつけたら、またひと晩乾燥。

そして今日、朝から飾り付けにとりかかった。
まず、押入れから取り出したるは、ジャーン!田中御大の「紺定の金太郎」!
・・・の腹掛けですね、正しくは。

f0229926_16532974.jpg

これと出会ったおかげで、何か置き物を自作しようと決意したのであ〜る♪

なんてね、ホントは最初は可愛い金太郎さんはいないかな?と
ネットで探してはみたものの、気に入るようなものはひとつもなかった。
どこか出歩いてわざわざ探すような時間もないし、正直言うと予算もない。
だったら自分で作ってみようか?材料ならうちにあるし・・・。

ーーー かえぬなら こさえてみせう きんたろう ーーー

せっかくなので、紺定金太郎の布につけてある白い紐も活かしたくて、
近所の公園から拾ってきた竹を切って紐通しに通し、
首ひもをりぼん結びにしてみたら、いいアクセントになった気がする。

友だちからもらった麻布の端切れを敷いて、その上に紙粘土の金太郎を置き、
菖蒲がないのでベランダの鉢に生えていたヒメヒオウギの葉を切ってきて花器に挿し、
金太郎の両脇に置いたら、はい!端午の節句飾りの出来上がり〜♡
一応大人向けにシックにしたつもり。w


f0229926_16542168.jpg

金太郎さんのお顔、見てるとなんだか自分も赤ん坊のときは
こんな顔してたんじゃないかって気がしてきた。

銭湯で湯上がりポンポンしてもらってるときでも、
「あれえ〜♪なんちゅうかいらしい坊やかねえ」・・・と言われていたらしいから。

f0229926_16543560.jpg

どうかこのお顔に自分で飽きませんように。w

ともあれ、なんとか季節に間に合ってよかった、よかった♪
御大の紺定金太郎以外はぜんぶ手持ちで賄えたところがなんともありがたい。

f0229926_16544859.jpg

連休中はとくにこれといった予定もないし、
この棚の前でちゃぶ台出して、柏餅でも買ってきてゆっくりお茶でもしようかな♪

さあ、明日から大型連休ですね。
どなたさまも、どうぞ楽しい連休をお過ごしください。

Commented by 朋百香 at 2017-04-28 18:26 x
tomokoさま
いや〜、お見事!(拍手)
なんとも可愛らしい金太郎さんと熊さん。
眺めているとほのぼのしますねぇ。表情がまたいいわ。
こんな素敵なの作れるなら、買うことない。
むしろ売っているものよりいいのでは?
心が入っていますもの。
御大にこの写真、ぜひ送ってください。
Commented by セージグリーン at 2017-04-29 09:49 x
巷によい物が見つからないからと、ささとこさえて
しまうTomokoさん、あっぱれ!
さらには御大の紺定の腹掛けをお持ちとは!
素朴さとユーモアと尚武の節句らしい雄々しさも相俟って、
なかなかの男っぷりの金太郎さんですわー。
朝鮮三島?の青磁の瓶、お対なのですね。こうやって
シメトリーな設えがお節句らしいです。
わが家の節句飾りは、夫の武者人形と、その背景に
夫の祝い着をタペストリー風に。
朱も深緑も枯れてきて、いい具合です。
Commented by team-osubachi2 at 2017-04-29 11:12
朋百香さん
うふふ、苦肉の策です。紺定に負けないよう根性入れて造りました!笑
でも、紙粘土、何十年ぶりにいじってみたら楽しかったです。
ホントは張り子で軽くしたかったんですけど、そんな時間はないと思い手軽な紙粘土で。でも、重いですしかざばるので、もう造ることはないかも。
けろさんに写真を送信済みなので、次に訪問するときに見ていただけるかもです。たぶん反応はニヤリとするか「うん」とひと言。笑。それで充分です、御大ですもんね。
Commented by team-osubachi2 at 2017-04-29 11:29
セージグリーンさん
なんでもないようですが、この腹掛けも手織りの木綿だそうです。
この腹掛け金太郎に出会わなければ自作しようなんて思わなかったかもですが、けろさんの報告にあったように、赤ちゃんにのっけて取った写真なんかを見ると、いやあやっぱりこれには敵わないなあ〜って思っちゃいます。笑
雲鶴模様のちいさな瓶子はむかし世田谷のボロ市でみつけたんですけど、お金がないのを値切って値切ってしぶしぶ譲ってもらいました。笑
セージグリーンさんとこの室礼は立派そうですねえ。あ、私も兄だか弟だかの一つ身の袖無し(長着はシミだらけで処分)があるの、どうしようかなあ。。。
Commented by sachiko at 2017-04-29 22:25 x
お洒落な大人な設えですね~(*^-^*)
しかも手作り・・・
さすがTomokoさん

とっても可愛い~ くまさんも金太郎も
存在感のある御大の腹掛け
素敵なアイディア きっと喜んでいらっしゃいますね

Commented by 香子 at 2017-04-29 23:41 x
ホント、自分で作っちゃう所がスンバラしい!
我が家は相変わらず後手後手でまだ飾ってないのです。
今年は兜は出さないで和紙の鯉幟だけにしようかな(苦笑)
Commented by team-osubachi2 at 2017-04-30 12:32
sachikoさん
仕事柄、絵の具やなんかはうちにありますし、思いつきでやっちゃいました。♪( ´θ`)ノ
そういえば、すっかり忘れていましたが、むかしスタイリストさんの依頼で
三田寛子さんの育児エッセイページで、国生くんの初節句用にだったか
被れるくらいの折り紙兜と、手作りペーパークラフトで
押さない国生くんが持てるくらいの鯉幟を撮影小物として制作した事がありました。
今や立派な橋之助さんになられて、、、チビッとだけ感慨があります(^-^)
兜を被った写真も撮って掲載してくれましたが、その兜と鯉幟はそのままお持ち帰りいただきました。
あいにくとそのお写真を私が掲載するワケにはいきませんが
このお飾り見て、懐かしく思い出しました。


Commented by team-osubachi2 at 2017-04-30 16:51
香子さん
あ、やっぱりお飾りありますですよね。
そういえば、うちの実家にもむかし鋳物の兜や何か
お飾りらしきものがあった記憶がかすかにあります。
私の上と下は男兄弟でしたし。。。
でも、いつの間にか錆びてみすぼらしくなって
知らない間にゴミに出されたかもです(^^;;
大人が楽しむ分には、簡単で始末もしやすいものにしちゃいますですね。
by team-osubachi2 | 2017-04-28 18:12 | これが好き | Comments(8)