玉虫色の帯留

昨年の秋のこと。
私のブログを見た着物友だちが「もしよかったら・・・」と、帯留をひとつくれた。

f0229926_21512414.jpg

箱の蓋をあけると、中には・・・玉虫が一匹?!
あらま〜!!なんてよくできた七宝細工♡
こういう虫の帯留なんて好きな人、そんなにいない?もう喜んでいただきますよ♡

去年近くの公園でみつけた玉虫の羽根の日記を読んでくれたのネ?
よく出来てるわあ〜。本物を並べるとこの通りだもん。

f0229926_21513898.jpg

でも、これ、そう・・・使えるのは二分紐?じゃ買いましょう!二分紐。

と言うワケで、昨日は松屋銀座で開催中の「七緒の『和トセトラ』2017」へ。

ご挨拶がてら顔をだした月日荘さんで見つけたベージュと薄茶の
リバーシブルな二分紐は、さしずめ玉虫が生息する榎の木肌をイメージして選んだもの。
もちろん私の手持ちの帯の色も考慮して・・・。
これでこの春からデビューして夏いっぱい、秋のはじめ頃まで使えるね。

f0229926_21520477.jpg

ほら!さっそく和装小物がひとつ増えたじゃない?
玉虫の羽を「箪笥に入れておくと衣装持ちになる」っていう言い伝えは
もしかしたら本当・・・かもね?w

*********************************************

おまけ:昨日ご一緒した着物友だちのおねえさま方の装いをば。

黒地の山田織に、おおどかでまほろば調の柄が洒落てる染め帯のTさん。

f0229926_21522692.jpg

牛首紬に、こちらもおおらかで茗荷やうさぎなど遊び心あふれる染め帯のFさん。

f0229926_21524737.jpg

私も昨日はFさんのものとはまた縞の構成が違う牛首紬♡

それに以前手持ちのバティック布を仕立てた名古屋帯で。帯留は早めに陶製の牡丹。

f0229926_21525930.jpg

昨日はようやくあたたかくなったと思ったら気温が一気にあがって20度超え。
これ、袷から単衣に直した牛首紬だけど、着ていてちょうど具合よかった。
牛首紬は別名「釘抜紬」って言われるくらい地がしっかりと打ち込んであって、
サラリとした手触りの紬だから、こんな急に気温が上がった日にはもってこいヨ♪

気が早いだとか、掟破り・・・って言われてもいーのいーの。気にしない。
これからの季節、まだ肌寒い日もあれば、急にワーッと暑くなる日もあるから
(礼装は別にして)普段着は心地よく快適に着ることが大切。

夕方はざっくりとしたコットンショールを巻いて帰宅した。
楽しい一日だった。

Commented by fuko346 at 2017-04-07 10:46
先日はお付き合い ありがとうございました。
牛首を着るのには ちょうど良い気候になって 良かったです。
この 玉虫ちゃん ほんとにかわいかったです、特にお目目が。ちょうど良い 二分紐が見つかって 登場の機会も多く
なり きっと喜んでいますね。
Commented by セージグリーン at 2017-04-07 11:07 x
本物かと見まごうような、玉虫の帯留めですね。
技法とモティーフが見事に合致して、シックな帯地に
映えますねー。
松屋銀座の危険地帯、私も昨日お邪魔しました。
残り少ない御大の藍染めもしかとこの目に留めましたし、
なかなかスリリングでしたが、目的の小物類のみ購入して、
無事に退散しました。

バティックは藍色にマッチしますねー。
昨日ももう袷は無理な気温、しかも強風のため、
更には帰りに楽器の試奏をする予定が入ったので、
着物は諦めましたが、朝一番でゆっくり拝見できました。

この時期、気候の変動が読めませんので、普段着は着る人の
体調に従えばよいと思います。となると、木綿の着物が重宝ですねー。
Commented by 朋百香 at 2017-04-07 16:29 x
tomokoさま
先日はありがとうございました。
牛首ちゃん、いつかご縁があるといいな〜。
玉虫帯留めの登場、楽しみにお待ちしております。
Commented by team-osubachi2 at 2017-04-07 18:14
fukoさん
こちらこそお誘いいただいてありがとうございました。
思いがけず牛首デートが叶ってよござんした♡
出かける前夜、着るものの準備中急にこの帯留のことを思い出し、おかげさまで紐を買う事ができました。
これでしばらく使ってみて、もう一本くらいは二分紐足してもいいかもですね。
なにで金属系の帯留って、私の相性には合わない気がするんですけど、七宝のこれはイケルって思いました。虫ですしね。笑
秋も楽しみにしています。
Commented by team-osubachi2 at 2017-04-07 18:24
セージグリーンさん
お出かけでしたか。
御大の藍の帯、もっともっといろいろあるのを見ていただけたらなあ〜って思いますが、それもいまはもう叶わぬことです。
まあ、数や種類の多さが全てってワケじゃなし、一点だけでもすべてを把握するに等しいってこともありますしね。
この日はバティックの二部式襦袢にしましたら、会場で売り子さんらに好評でした。みなさん見る人は見ますですね。やっぱり。
急に暑くなるこれからの季節、これはこれで何を着ようか悩ましいですね。
Commented by team-osubachi2 at 2017-04-07 18:38
朋百香さん
玉虫ちゃん、これからの季節、しな布や麻の八寸に合わせようかな〜って思ってます。
もう弓浜絣や久留米絣なんかの木綿も着心地いい季節になりましたですね。
単衣、もっとあっていい時代ですねえ。
お気に入りの牛首紬といつか出会えますように♪
Commented by 香子 at 2017-04-08 10:57 x
やはりね、虫愛ずる姫の所に行くべき玉虫ちゃんだったと思いますよ (^-^)b
こうして拝見すると羽根の大きさもドンズバですね←死語w
ほうほう、羽を箪笥に?なんと衣装持ちに!
あぁ、なんとなく分かる気がします。
昨年たくさんいただきモノしましたもん(笑)
Commented by team-osubachi2 at 2017-04-08 14:50
香子さん
玉虫ちゃん、ありがとうございました♪
彫金ものは性分ではないようですが、これは別格ですよー♡笑
そうそう、玉虫の羽はそういう言い伝えがあるって聞いて
去年ウハウハと(^^;;、ちいさなチョコレート箱に綿を敷いて大切に保管。
私のタンスにも衣装が増えるかしらあ〜〜?
その前に処分しないとダメね〜入らないわ〜〜。笑
by team-osubachi2 | 2017-04-06 23:21 | 着物のこと | Comments(8)