祝・キネマ旬報ベストテン第一位!映画『この世界の片隅に』

昨夜ようやく見に行くことができた。
話題のアニメーション映画『この世界の片隅に』。

f0229926_22385446.jpg

お話がはじまるや、すぐに物語に引き込まれた。
おだやかに、淡々と、淡々と主人公すずさんの暮らしとともにお話はすすんでいく。

自分が小学生のときに覚えさせられた当時でも、瀬戸内工業地帯で呉と言えば造船だった。
その呉の人々の軍艦と海兵隊さんへの眼差しの描き方もよかった。

人物も背景も、丁寧に丁寧に描かれていて、そこにも好感を持った。

どぎついエピソードも、淡々と描かれている。
だからかな、見る人に物語の向こう側にある問いかけをゆだねているみたいな映画だ。

見終わってみれば、夜の上映でも週末のせいかはわからないけれど、
郊外の映画館とはいえ、公開からの日数を思えば、
お客さんはかなり多かったんじゃないかな。

アニメーション会社でプロデューサーをしているおネエサンが
Facebookにくれたコメントによれば
「監督は呉で取材された方の当時の家を家族を映画の何気ない風景に入れてるそうです。
(床屋さん家族とか)泣けます」・・・とのこと。
あらやだ、そんなこと聞いちゃうとまた見たくなっちゃうじゃん!



よかったよ。うん、とってもよかったよ、この映画。

公開からのこの反響の大きさは、原作のこうのさんや監督さん、スタッフさんをはじめ、
クラウドファンディングに出資なさった方々にも嬉しいことだったろうな。
キネマ旬報のベストテンで堂々の第一位獲得は伊達じゃないね。
何よりのことである。

『この世界の片隅に』公式HP

by team-osubachi2 | 2017-01-22 23:11 | 出かける・見る | Comments(0)