手ぬぐいを使って

着物と仲良くしはじめたときから、手ぬぐいが好きになった。
使いだしたら、その便利さの虜になった。
(それと入れ替わるようにして、小物の引出しからハンカチが消えていった)

数年前の夏、突然劇症で手のひらと足の裏に病が出て、以来、手当てが必要になった。
膏薬を貼ったり薬を塗ったあと、手指には薬局に綿手袋があったからよかったけれど、
困ったのは足の裏だった。

皮膚科の先生からも薬を塗ったあとは木綿の靴下がいいわよとご指示いただいたものの、
かといって包帯は具合が悪く、綿100%の靴下はじきに穴があくわ、
盛夏に家の中ではく靴下は暑くて蒸れるわといった具合で、
そんなときに思いついたのが手ぬぐいで足を包むということだった。

f0229926_1736089.jpg

古いものから足用に払い下げて使ってみたらば、これがなんとも具合がよかった。
最初は片足に一本ずつ使って、ぐるりと巻くように包んでいたのを、だんだんに工夫して、
しまいには一本を半分に切って、つま先と足首のところで結んでおくだけに落ち着いた。

夏でも通気がよく、そのくせ冷えすぎず、洗濯すればすぐ乾いてくれるし、
綿100&の靴下より丈夫で穴があきにくい。
冬場は足首だけ結んで、つま先はそっと包んで靴下をはく。
(ちなみに足袋をはくときは、患部には油紙、ガーゼ、
そしてテープになってる包帯で貼ってカバーしておく)

そして、なぜか洗濯したあとにいつも発覚するのだけど、
とうとう穴があいてしまったら、その場で
雑巾として洗面所や廊下のすみなどを拭いてから捨てている。

前置きが長くなった。

去年の暮れに、お友達から手ぬぐいを一本ちょうだいした。
あら!チョコレートの柄・・・♪

昔にくらべ、ある時期から手ぬぐいの良さが見直されるというムーヴメントがおきて
今どきは注染に捺染、もういろいろな柄の手ぬぐいがあって本当に楽しい♪
一緒に包装されていた栞に、手ぬぐいを使った物の包み方が紹介されていて
そういうちょっとした工夫も使い手には嬉しいことだ。

その中にティッシュ箱の包み方があったので、ふと
寝室にむき出しのまんま使ってるティッシュ箱を包んでみようかと思った。

f0229926_09132489.jpg

うん、なんかいいかも。楽しい ♪
麻無地の布団カバーの上にポンと無造作に置いてあっても
面白いアクセントとして目に映る。

このチョコレート柄の手ぬぐいは、まずはここでスタートさせて、
やがて普段使いにまわすとしよう。
はたして足もとにまで下って活躍するかはわからないけれど、
(てゆーか、いまは手もほぼきれいになって、足も片方だけで済むようになったけど、
まだときおり暴れることもあって、もういい加減完治して欲しいわあ〜〜ァ)
一本数百円から千円ちょっとの手ぬぐいの布も、そこまで使いきれたら安いものだ。

とはいっても、次々と新しいのを買うのは控えねばならないが・・・。w

Commented by ベル at 2017-01-17 16:45 x
手ぬぐいも使いようでおしゃれになりますね♪
モノの寿命を延ばすのがお上手だと、感心します。何となく向田邦子さんのエッセイを思い出しました。新聞・新聞紙(し)・新聞がみ。無意識のうちに新聞をそんな風に区別して「そこの新聞とって」とか、「ずいぶん新聞紙が溜まった」とか、靴の湿気を取る時は「新聞がみを丸めて…」などと、区別している、というような内容で、やはり成程なと感心したのでした。
Commented by 朋百香 at 2017-01-17 21:52 x
tomokoさま
きゃ〜、かわゆい! こーんな使い方もあるんですね。今度やってみよっと。旅行に行くと手ぬぐいを買う、という悪い(?)癖がついてしまった私です。が、ちゃ〜んと使ってるもんね。無駄にはならないさ〜。
Commented by team-osubachi2 at 2017-01-18 00:16
ベルさん
捨て魔の私でも、紙類とこの手ぬぐいに関しては
割合寿命を全うさせてあげてる方かもしれません。
でも、たいがいは大雑把なザルで、まだ入り用のものまで
ポイポイゴミ箱へ放り込んでしまい、相方に呆れられることもしばしばです(^^;;
向田さんのエッセイは何度読んでも発見がありますですね。
日常の切り取り方が本当に上手いなあと思います。
、、なんてお話してるとまた読みたくなりますね。
Commented by team-osubachi2 at 2017-01-18 00:22
朋百香さん
ね!洒落た雰囲気になりますよね、こうすると。
はじめて見たチョコレート柄、、、ふと、ティッシュ包みに向いてるかも?と。
下さった方によーくよくお礼を申し上げなくちゃ。笑
チョコレート、実によく描けてます。
がしかし、チョコレートは眺めるより食べる方が得意です、私。笑
Commented by まぁ at 2017-01-18 03:22 x
手拭い便利ですよね~
私もハンカチ代わりに使っています
夏は襟汚れの為、冬はマフラー代わりに首に巻いて
手拭いの本なんか買ったりして
帯も出来るらしいですがまだやってません(笑)
おみ足は大丈夫でしょうか
浮腫んでゴムの締め付けが堪える母には安い絹の靴下を買いましたが
Commented by team-osubachi2 at 2017-01-19 09:26
まぁさん
手ぬぐい、本当に便利ですよね〜♡
普段出歩く時もハンカチがわりに、旅にも欠かさず携帯。
そうそう、帯も、幸田文さんの『きもの』にるつ子が子どもの時だか手ぬぐい浴衣を着てたって話もありませんでしたっけ?
さすがにはぎ合わせて作る浴衣なんてのはいまどきないかしら?でも、ちいさなお子さんにはきっといけそうですよね。
こちら足はごくごく小康状態にまで治まりました。が、無理をすると(夏場も)また現れるのでは?と油断できない感じです。まるでおき火みたい(苦笑)。
お母様のお足も絹の靴下で楽になられるといいですね。
Commented by phenix at 2017-01-19 11:23 x
長崎 秋の諏訪神社の大祭「おくんち」では、毎年
その年の踊り町の出し物に因んだ、意匠に富んだ手ぬぐいが、奉納踊りの前に観客席に撒かれます。龍踊り、南蛮船、オランダ万歳などなど大人気
その手ぬぐいをつなぎ合わせて、バック、浴衣、甚平、中にはジャケットやコート風にして着ている方も見かけます。
Commented by team-osubachi2 at 2017-01-19 22:44
phenixさん
テレビでしか見たことがないおくんち、いいものですね。
毎年旦那さんに惚れ直してしまう奥さん方もいっぱいいそうですね。
お祭り手ぬぐいをつないだ浴衣、いまもあるのですか。いろんなものに変身するとこも見てみたいものです。
自慢のお祭りがあるって、いいなあ〜。羨ましいです。これからも盛んでありますように。
by team-osubachi2 | 2017-01-17 09:27 | 日々いろいろ | Comments(8)