八掛けを選ぶ

季節季節の変わり目や決算時期、それから歳末といい初春といい、
百貨店の売り場が催す売り出しのときを狙って
そのときどきで必要なものを買うことがある。
(もちろん冷やかしておしまいなんてこともしょっちゅうだけどー)
たとえば敷き畳紙だったり、帯枕だったり、縮緬の帯揚げだったり・・・。

今回必要だと思って、この年末年始に百貨店の催事を見てまわって
ようやく手に入れたのは一反の八掛け。

f0229926_16422868.jpg

以前まだ四十代のときにリサイクルで手に入れたのはベージュがかった薄茶色の紬。
洗い張りしてそのまま押入れで寝かしてあったのだけど、
いつの間にか私ももう五十代になっちゃったし、いい加減仕立てて着ないとネ。

というワケで、反物持参で着物催事売りしている百貨店に出かけ、
バーゲンワゴンにどわーっと並んでる中から検討して選んだのは無難な共色。

f0229926_16424512.jpg

共色の八掛けって、ま、つまんないといえばつまんないんだけど、
たとえば淡い春色の帯をもってくれば、春らしく明るく着られるだろうし
秋色のこっくりとした濃い色目の帯をもってくれば、すんなりと秋の装いになるだろうし、
冬の雪の白さや枯れた墨色の帯をもってくれば、冬枯れの風情に見えるだろう。

・・・とまあ、この紬は帯を楽しむための一枚にすべく選んだ八掛けである。
胴裏は洗い張り済みのもとのを活かして、と。
さあ!あとはお仕立て代の捻出あるのみよ!
仕事、おおいにがんばってくれ〜〜い、自分!(笑)

Commented by 香子 at 2017-01-10 20:29 x
ワタシは先日、笹島先生に結城の無地につける八掛けを相談したの。
江戸小紋とかどうですか〜?って聞いたら
貴女のセンスでやってみなさい、
でも江戸小紋じゃ普通でつまんないわよって(笑)
いつ仕立てに回すか分かりませんが、
出来上がりを乞うご期待(爆)
Commented by team-osubachi2 at 2017-01-10 21:55
香子さん
私は結城に江戸小紋、素敵と思いまーす♡
だって色の組み合わせ次第でガラッと変わりますもん。自分らしくて「着てて楽しい♪」って思えたらそれがイチバンですよね。
でも、あるときとつぜん江戸小紋以外に面白い布が手に入ることもあるかもですし、将来どんな長着になるでしょうか。楽しみですねえ〜♡
共色だなんて、つまらない極み(笑)。まだ仕立ての目処がたってないのに、もうどの帯がいいかな〜って夜布団に入ってからあれこれ思い浮かべると楽しいのなんのって。
で、30秒ほどのちにはもう寝落ちしています。笑
Commented by 朋百香 at 2017-01-11 11:42 x
tomokoさま
いや〜、いいお色ですこと。そこに井桁や鳥さんの絣が何ともいい感じです。どんな帯も合いそう。私個人的には藍色の帯なんか素敵〜なんて、勝手に想像して楽しませてもらいました(笑) 共色ってつまんないと思うかもしれませんが、きものや帯の邪魔をしなくて私は好きです。でも焦げ茶なんかもいいかも・・・な〜んてまた遊んじゃった。
人様のものでも自分のでも、きものの事をあれこれ考えるのは楽しいですよね。
Commented by team-osubachi2 at 2017-01-11 21:20
朋百香さん
ほんと、自分にはない色柄を人さまのお着物や帯に見てあれこれ妄想するのは愉しいですよねー♡
鳥の絣、どこか琉球絣みたいな風があるので、もしかして米沢あたりの産かなあと思ってみたり。実物はもそっと砂がかったサンドベージュって感じなんですが、四十代よりは五十代の方が似合うかな?と思いましてそろそろ始動せねばです。
この布団がわの帯もあうわ〜きっと!って夜寝入りながら思い浮かべてました。笑
http://okakara.exblog.jp/18349265/
Commented by ベル at 2017-01-12 10:26 x
布団がわの帯のお話、大変感銘を受けました♪
江戸時代の長屋住まいの方々の大風呂敷のお話も♪
味のある紬ですね。桑染かしらん。こちらで拝見する物は清潔感があって素敵。
つい先日、ネットオークションで藍染の真綿紬を買いました。真綿紬の手触りはどんな感じなのかなと、届くが愉しみです。
Commented by team-osubachi2 at 2017-01-12 17:55
ベルさん
布団がわの木綿ひとつとっても、暮らしの中の物って、
歴史の側から見てみると面白い話ってあるものですね。
もしもこれ、桑染の色だったらいいなあ〜♪
ベルさんの藍染の真綿紬もどんな風合いか、楽しみですネ。
by team-osubachi2 | 2017-01-10 17:32 | 着物のこと | Comments(6)