師走の浅草

昨日は毎年恒例のお出かけ先へ出向く前に、日が暮れかかった仲見世へ寄り、
「年の瀬や 人の流れとわたくしは 
今宵さまよふ 仲見世あたり・・・お粗末」などと
この時期の芝居に出てくる有名な歌をもじって、頭の中で駄句をひねりながら
ちょっとばかりある小物のリサーチをして歩いた。


f0229926_10410306.jpg


・・・はい、芝居好きの人ならちょっとはおわかりいただけますでしょうかね?
「年の瀬や 水の流れと人の身は 明日待たるるその宝船」

すでに討ち入りの日もすぎ、師走も半ば。
あら?そういえば、浅草は今日あたりから歳の市(羽子板市)かも。
毎年師走の浅草の仲見世界わいは正月迎えの飾りで早くもにぎにぎしい。

Commented by 香子 at 2016-12-17 18:31 x
わ、大高源吾♪
今年の忠臣蔵は本日見納めました(^^)v
Commented by team-osubachi2 at 2016-12-18 00:08
香子さん
無事通しの観賞、よございました!(^ ^)b
松浦の太鼓、お殿様はやっぱり播磨屋さんで観るのが好きであります。仮名手本忠臣蔵は通しで見ると、案外最後の幕はあっけない気がしてしまうのですが、無い袖は触れませぬので(笑)今年もスルーでありました。。。
討ち入りが終わればもう今年もちょーん!あっと言う間に暮れますですね。
by team-osubachi2 | 2016-12-17 10:46 | 日々いろいろ | Comments(2)