ケヤキの植え替え

もう記憶があいまいになってるのだけど、四、五年ほど前のこと。
川べりから採取しておいたアサガオの種を蒔いた鉢から
待てど暮らせどアサガオの芽吹きは見られず、
代わって突然芽吹きだした謎の芽。

可憐な双葉はでもどこかガッシリとたくましく
のちに茂りはじめた葉っぱを見てようやくケヤキの木と判明。
へえ〜〜〜〜、ケヤキってこんな風に芽吹くのかあ・・・。
近くの公園から採取したアカマンマの土にでも種が入り込んでいたのかもネ。

でも、まてよ?!あんな巨樹をいったいどうやって育てたらいいんだ?

大樹とまではいかずとも、せめて腰の低い賢いコ(?)に育てるべく
自分に扱えるギリギリと思った高さで成長点を切って大きめの鉢に植え替え、
テキトーに剪定もしながら数年かけて様子をみていたけれど、
去年から新芽のところになにやらアブラムシの仲間が
(だからアリがさかんに枝先まで登ってくるんだ)
たかるようになってしまったみたい。おかしいな・・・。

何の気なしにケヤキの足元に植えたリュウノヒゲも繁殖し、
栄養が足りなくて弱ってるんだなあということにやっと気がつき、
昨日ベランダの掃除がてら、友だちがくれた大きな鉢に単独で植え替えてあげた。
すっかり遅くなっちゃってごめんね〜!


f0229926_11462968.jpg

しかしうっかり一緒に植えてしまったリュウノヒゲの根っこの繁茂ぶりには参った!
おかげでケヤキの根っこの奥までほじくりだしたので、
ケヤキの根もだいぶキズついたかも・・・。
(リュウノヒゲはリュウノヒゲで、ひと鉢用意して植え替えてあげたけど)

草木などの植物の生態には興味があっても、園芸には無頓着な人間なので
土の配合もアバウトだから、はたしてちゃんと根がはってくれるかはわかんない。
あとはこのコの生命力を信じて、水やりしながら見守るしかない。

丘の上の暮らしも七年がすぎた。
うちのベランダにはどんな植物がいいのか、私が面倒をみられる範疇はどこまでか、
あれこれ採取したり、人に分けていただいたりして様子をみてきたけれど、
どうやら花ものよりも草や木の葉っぱものが向いてるようだ。
来年はシランやチガヤ、イトススキのように
風にそよそよとなびく葉っぱを茂らせようと思っている。

Commented by 香子 at 2016-12-12 10:11 x
煮込みに使える!とローリエを寄せ植えにしてましたが
ちっとも大きくなる様子が無く…こちらを拝読して
やはり単独で植えるべき?と思ってしまいました。
ま、ワタシの場合は面倒くさがりが先に立つので
植え替えはしないでおこう(笑)
(同じ鉢のローズマリーが勢力大きいのです、ふふふ)
Commented by team-osubachi2 at 2016-12-12 11:32
香子さん
やったことないんですけど、ハーブ(草)の鉢の寄せ植えなんてよく紹介してますけど、あれは一年だけのことと思った方がいいのでしょうかねえ?植物の手をもつ人ならともかく。
一昨年と去年は手が使えなかったので怠けてましたが、さすがに「もうダメです〜!」と訴えてきたような気がして。笑
手を広げすぎたので(それはそれで観察できて面白かったですが)来年は鉢も植物も数を絞ろうと思います〜。
Commented by れいうさ at 2016-12-13 08:12 x
去年、例のシュトーレンに付いてきたローズマリーをしばらく水栽培して、
根っこが伸びた後に地植えしました。
ほったらかしにしていたけど、なんとか生き延びている様子。
今年のも追加しようと思っています。
以前園芸店で、会計後のハーブの苗をちょっと目を離していた間に盗まれました。
「そんな手で育てたハーブなんて美味しくないぞ!」と思ったけど、
そういう人には通じない話だろな、と思いました。
今思い出しても、あー悔しい!
Commented by team-osubachi2 at 2016-12-13 10:01
れいうささん
ああ、あのローズマリーを地植えに。強いですよねえ、ローズマリーって。
ハーブの苗、盗まれてしまって残念でしたねえ,,,てゆーか、お腹立ちのほどお察しいたします。
生前体が弱ってきて猫の額ほどの地面いじりもあまり出来なくなった母親が、ご近所の花泥棒の所業に腹をたてていました。しれーっと花をつけたシュウカイドウの株を掘り抜いていって自分とこの鉢に植えてるのだそうです。うちの母親は自ら煮え湯を思い出してはくり返しぶつくさ言ってましたっけ。
面白いなって思うのは、近所中から盗んできて植えた植物は、盗まれないように囲いを厳重にしてあるのですって(笑)。盗人の心理そのもので、聞きながらも苦笑してしまいましたが、そういう手癖ってよっぽど心に死にそうな衝撃でもない限り治らないのですよね〜きっと。罰当たり。
by team-osubachi2 | 2016-12-11 12:06 | 生きものの世界 | Comments(4)