秋の土鈴をおく

あ〜〜あ〜〜〜〜、もうこんなムシムシ蒸し暑いのには飽きちゃったなあ〜。
いい加減にして欲しいな〜あ。涼し〜くて爽やか〜な秋の日が欲しい!
そうね、もうどうせなら三週間くらいたっぷりあってもいいくらい。

でも、まわりの生きものは「もう秋ですから」ということをこちらに教えてくれる。
我が家の山椒ホテルに先月滞在していたナミアゲハチョウの幼虫は
すでに先週のうちに越冬に備えて蛹化するため旅立っていったし、
道ばたにいるカマキリももう秋の色をしていた。
今週モズもこも丘の上界わいにやってきて高鳴きをくりかえしている。

そうそう、なんだかんだいってももう秋なんですよね、秋。
一昨日栗ご飯食べたじゃないの。・・・あ、そっか。

そんなこんなで暑さに気を取られてうっかりしていて
飾り棚に夏のものをまだ居座らせていたのを数日前、あわてて秋のものに替えた。

飾るものは実家から持って来た「ははコレ」が中心になる。
秋になったら真っ先にこれを出そうと思っていた鹿の土鈴。
どこの鹿さんかしら?奈良か安芸でも行ったのかしら?
頭に稲穂を飾ってるところがさらに秋限定なカンジ。

f0229926_07411019.jpg

鹿もあるところでは神社寄りの生きものだし、
神社つながりのイメージでいえば、秋は例大祭ね。
・・・てコトで、魔を祓ってくれそうな面の写しと火焔太鼓の土鈴もおいてみる。

f0229926_07412266.jpg

あと一段はどうしようかな?・・・ん、稲穂とくれば新米よね ♪
これは私が自分で買ったお気に入り♡
おむすびに雀が描かれた琉球張り子のひとつ。

f0229926_07414962.jpg

さ、これで秋の棚になったネ ♪
台風一過、今日も暑いぞ〜!・・・ん?それほどでもない?

by team-osubachi2 | 2016-10-06 08:14 | これが好き | Comments(0)