清水なお子さんのうつわ

昨日、我が家でようやくご登場!
じゃじゃーーーーん!栗ごは〜〜ん♡

うっしっし〜で、もうひとくちごとに、顔ほころぶほころぶ♡

f0229926_07512286.jpg

こういう炊き込みご飯のときに愛用しているのが蓋茶碗。
盛りつけてから食卓まで運んで、
蓋をとると、中からあらわれるご飯を愛でる喜びがある。

このうつわの作者は清水なお子さんとおっしゃる。
素朴なようで繊細な染付けをなさるこの人のうつわのファンである。

・・・とはいっても、持ってるのはこの蓋茶碗だけなんだけどネ。

f0229926_07513250.jpg

うっかりしていてブログにあげるのが遅くなってしまったけれど
その清水なお子さんのうつわ展が駒場東大前の「うつわ party」さんで始まっている。

赤い染付けの花・・・かわいいなあ〜♪(ぐらぐら・・・)

f0229926_07514542.jpg

ご興味のある方はぜひお出かけください ♪

*この展示は終了しています

清水なお子うつわ展
「うつわ party」にて10月7日(金)まで/11時〜19時(最終日17時まで)

Commented by sogno-3080 at 2016-10-09 05:13
蓋付の茶碗♥な~んて甘美な響きなんでしょう。
開けてビックリの栗ご飯、一度やってみたいわあ。

蓋付の茶碗でお茶をだされた日にゃ、嬉しくて卒倒ものです。
Commented by team-osubachi2 at 2016-10-09 16:09
sognoさん
むかし薄い瀬戸物でもありましたですよね?
普段のごつっとした飯茶碗もいいですが、昭和の薄い蓋付き茶碗も好きですねえ。
湯のみ茶碗も蓋付きだと、なんだか一段高尚になったような錯覚があって楽しいです。笑
by team-osubachi2 | 2016-10-05 08:05 | これが好き | Comments(2)