お名残り近江縮

昨日今日は夏の名残りの晴天で、なんと夕立もなかった!
夕立がない!・・・と軽く驚くくらい、
今年の夏は不安定なお天気続きだったんだよね。

でもって、ようやく自分の体も暑さに慣れてきたみたい。
・・・夏ももうおしまいだけど。w

f0229926_22445883.jpg

午後、クーラーもかけずに風が抜ける部屋でさっさと着替えた。
これも夏のお名残り気分で近江縮の縞にしな布の無地八寸をあわせる。

過日お友だちからいただいた秋草模様の襦袢地の端切れにハサミを入れ、
帯揚げと半襟にし、私にはめずらしく
あえて襟と帯揚げをお揃にして身につけてみたらば・・・

f0229926_22452278.jpg

おりょ?以前よりも違和感なく柄ものの半襟を許容できてる気がする♪
これも歳のせいかしらん?・・・いや、いい意味でね、いい意味で。

着替えてひとっ走り銀座へ向かう途中、
乗り換えた駅のホームの向こう側に電車を待つ年配のご夫婦が見えた。
二人とも夏着物をお召しで、その自然な佇まいに見入ってしまった。

すてき・・・♡

f0229926_22460016.jpg

近江縮を着るのは今年はここまで、かな。

この週末あたりからまたしても台風が近づくという予報。
迷走する台風10号・・・どうか被害が最小でありますように。

Commented by 香子 at 2016-08-27 14:58 x
せっかくの近江縮、
透け感少なそうなので来月上旬まで引っぱって下さ〜い♪
半衿と帯揚げが初秋の感じですね、さすが!
Commented by 風子 at 2016-08-27 18:37 x
夏の終わりに濃い色の 麻きものが なじんでいますね。
ほんとは これから少し気温が下がってからが 夏着物を着る適温なんですが そうもいきませんかしらん。
(たぶん 着てしまう私 笑)
色や柄の半襟 そういわれてみれば 年齢を重ねたほうが しっくりするかも、と思いました。
楽しんでくださいませね。
Commented by team-osubachi2 at 2016-08-28 00:36
香子さん
来月上旬も暑ければ要相談で袖を通すかもです。
盛夏と単衣の間に着られる絹ものも着たいきもしますので、陽気次第でしょうか。
しかし今年はお天気波乱含みですね〜!
いただいたこれ、英さんのお襦袢地(楊柳みたいなの)だそうです。私にはめずらしい柄物の帯揚げになりました♪
Commented by team-osubachi2 at 2016-08-28 00:49
風子さん
いえいえ、関西以西はもう何日も酷暑が続いてたのですよね?
9月からが晩夏着物の出番かもですよ。
関東は今年は割合過ごしやすい夏でしたが、去年は暑かったですし、
私も晩夏用に亜麻色とか芥子色みたいな小千谷縮なんか欲しいなあと思います。
あ、、、藍色の紗紬を9月に着るために紺地の麻襦袢誂えたんでした。
まだ反物のまま眠らせてますが・・・(^ ^;;
もう新しいものはそんなには要らないと思うのですけど、
こういうのがあるといいなって考え出すとキリがありませんですねえ〜。
Commented by 神奈川絵美 at 2016-08-28 22:50 x
こんにちは! 柄半衿がとーってもナチュラルになじんで、久し振りだなんて、ぜんぜん感じさせませんね。
たぶん、若い頃には若いなりの色柄、年を重ねたら重ねたなりになじむ色柄、というのが、半衿にもあるのではないかなー。
そろそろ「夏きものをいつまでひっぱるか」毎年恒例のお悩みが(笑)。
Commented by team-osubachi2 at 2016-08-28 22:59
絵美さん
本当はこの襟、琉装風のにあわせようと思ってたんですけど、その日は前の台風がやってきたためにお出かけしなくなり、
この日近江縮の下にあわせてみたのでした。
若いときは、それこそ赤い刺繍半襟など楽しみ、その後長いこと無地好きで通しましたが、こんな風に襟合わせをしてみたら、紺色の着物もちょっと年齢らしく柔らかく装える気がしてきました〜。
今年の残暑はどうなるでしょうね。
草木はもうそんなに暑くはならないわよって言ってるように見えます。
(ホントかな?/笑)
by team-osubachi2 | 2016-08-26 23:34 | 着物のこと | Comments(6)