またひとつの旅立ち

今月のあたまに、またお一人
私の人生の恩師のように思っていた方が身罷られた。

大好きだったご主人が亡くなられて七年。
ご自分の身体にガンが発見されたのちも
いっさいの治療はせず、緩和ケアだけで過ごされてきた。

病床にあっても家をきれいに片付け、さまざまな人の悩みのご相談にも耳を傾け、
体調のいいときには友人らの訪問を受け、お洒落とおしゃべりを楽しみ、
(娘時代の小紋を直されたというガウンをお召しの姿がとても優雅で素敵でした♡)
身辺の始末いっさいを甥御さん姪御さんの手を借りて取り決めておき、
立つ鳥跡を濁さずの言葉の通りに旅立ってゆかれた。

テレビや映画でそういう人の最期の姿に感銘を受けることはあったけれど、
こういう自ら幕引きするその姿を身近に見せていただいたことが
最後の学びになりました。

f0229926_14405374.jpg

ようやく大好きなご主人さまと会えますネ ♪
瞼に浮かぶのは、お若くなられて
「ありがとうございます。ありがとうございます」と
にこやかにご挨拶していらっしゃる姿。

本当の自分を知り、その本当の自分を好きになって、
自分が持ち得る最高を目指して(人間や技量を)磨くこと
・・・と教えていただいたこと、忘れません。

長い間、どうもありがとうございました。
合掌。
by team-osubachi2 | 2016-08-09 12:38 | 日々いろいろ