ちっちゃい体で大きな声

去年の夏はきびしい暑さでほとんど夏場は土手にあがらなかったのだけど、
今年は様子が違いここんとこ涼しい日が続くので、
朝30分ほどの土手ラー・タイム(草むしりの時間)はとてもキモチがいい。

いま土手はお目当てのタカサゴユリが
いよいよ花のシーズンを迎えるところで、
この先たくさん咲いてくれそうでワクワクしてるとこ♪

草取りをしていると、いろんな虫たちが追われるようにして逃げ回る。
おや?一瞬こちらのネット帽めがけて飛んで来て、
違うとわかって慌ててお隣のフェンスに留まったのは
羽根先までの大きさが4センチほどしかないちいさなセミ。
すかさずパチリと撮ってあとで調べたらニイニイゼミだった。

f0229926_9125118.jpg

へえ〜、もっと大きいかと思ってた。
あんな大きな声で鳴くのに、こんなちっちゃな体躯なんだね。
まだしばらくは蝉時雨が続く。

さて、今日はこれから法事のため帰省する。夏も本番だ。
Commented by fuko346 at 2016-07-25 21:41
ニイニイゼミ かわいいですよね。
ほんと セミって小さいのに すごい声、というか音、と
いうか出るなあって感心します。
うちは蝉しぐれで TVの音が聞こえないくらいです。

もうそちらにおつきになったからしら。
海沿いは そうセミは鳴かないのかしら。
Commented by team-osubachi2 at 2016-07-26 01:05
fukoさん
ニイニイゼミ、初めて生きてるとこ見ました♡可愛いです。
そういえば、ここは海沿いの漁村で高い木も村の中にはないので、うちのほうはあまり蝉の声はしないですねえ。
でも村の外は周りが田んぼなので、季節ともなれび、夜、お風呂で窓を開けてのんびり浸かってると、遠くカエルの大合唱が夜空から聞こえてきたり、2キロも離れてないところを走ってる旧北陸本線を夜汽車が走り去ってゆくガタンゴトンという音を聴くのが大好きでした。
北陸新幹線は便利になりましたが、もう地元の鉄道の音を夜間に聴けないと思うと、かすかに胸に痛みが走ります。
Commented by セージグリーン at 2016-07-26 10:11 x
タカサゴユリ、エレガントで大好きです。
わが隣家の広いお庭にもあちこちに見られます。

ニイニイゼミ、図鑑で小さめだということは、何となく
知っていましたが、鳴き声を聞いただけで、
まだ姿を見たことがありません。

夏に実家に帰りますと、もうクマゼミの「ワーシワシワシ」
という、いかにも暑そうなシャワーがまとわりつきます。
熱帯夜には、夜を徹して鳴き続けるのですから、参ります。
仰向けになった亡骸が一つ二つ、、、それを見つけても
また季節を感じますね。
Commented by team-osubachi2 at 2016-07-26 20:09
セージグリーンさん
クマゼミ、最近はたまに丘の上でも声が聞こえることがあります。
北上するのはいいとして、凌駕するようなコトがないといいなあと思います。
近くの公園のお陰か、ヒグラシの声ががかろうじて聞けるのが嬉しいです。
土手の草むしりもタカサゴユリの花で一区切りつきます。
若くて花芽をつけられないものも残して、来年の花に期待。
盛夏のあとはもう花がないので、
秋口にまた業者さんが入るまでは放っておくかもです。暦はじき立秋ですね。
by team-osubachi2 | 2016-07-25 09:32 | 生きものの世界 | Comments(4)