Rehabilitation-8『耳をすます』

以前小学校低学年向けのお仕事で
『きき耳ずきん』というお話を電子版紙芝居にしたことがありました。
子供の時以来で接したお話に、いまさらながら
ああ、鳥や虫や木や花の声を聞けたらさぞ面白いだろうなあ〜!と思ったことでした。

去年から自分が住んでいるマンションの
ゴミ捨て場を取り囲む土手の草むしりを始めました。
(もちろん管理側に断りを入れたうえで)
もともと自分は園芸の趣味はないのですが
芝の土手に自生しだした草花を生かすべく、自ら買って出た草むしり。
ほどほど怠けつつも続けていると、面白いコトに、この土手の野の草花たちと
だんだん「お近づき」になっていってるような感覚があります。
単なる思い込みかもですが(笑)、でも、ちょっと嬉しい。

問題は、そうマメに手入れしているワケではないので、
いったん草むしりを始めると、時間オーバーしてしまうことです。
整体の先生からは「岡田さんにはマックスで25分ですね」
と言われているのに、ついやりすぎて足首や腰に負担がきます。

「もっと身体の声を聞くことです」と言われているのですが
うう〜む、気をつけているつもりでも、忘れちゃうこともしばしば。
それも鳥や草木の声を聞くのと同じくらいムツカシイ気がしないではないのですが
一日一日、自分の身体にも、身のまわりの自然にも耳をすましてみようか。

うまくいく気がする日もありますが、まあ、忘れてしまったらそれはそれで
ストレッチしたりアフターケアしつつ、あらためて耳をすましてみています。


f0229926_942629.jpg

『耳をすます』©Tomoko Okada


*イラストレーションの無断使用及び複製・転載をかたく禁じます
by team-osubachi2 | 2016-07-14 09:07 | らくがき帖