ポーの一族の新作『春の夢』とシューベルト歌曲

少女漫画の月刊誌としては異例の増刷!・・・だそうだ。

そりゃそうでしょ、って言いたくなる。
だって先月28日発売日早々に売り切れ続出で
夕方遅くにのんびりと隣り駅の本屋さんへ行った自分が(うちの近所に書店はない)
いかにもおめでたいバカだったと反省したくらいの売れ行きだったもの。

f0229926_18294746.jpg

意気消沈して諦めモードの一夜が明けて、翌日の朝お相撲を観にゆくのに
秋葉原のホームから階段あがったところにたまたま構内の本屋さんがあって
そのレジカウンターの前でかろうじて3冊残ってた中から買えた嬉しさは
ファンでなければわかるハズもない。・・・かな?w

で、40年ぶりだという「ポーの一族」の新作『春の夢』」を読んでからというもの
YouTubeでシューベルトの歌曲を聴きまくっている。
(物語の中でね、出てくるのです、シューベルトの歌が・・・)

で、知った元歌手のトーマス・クヴァストホフさんの歌声♪

身体の障害などとはまったく関係なく素晴らしい声の持ち主だと思う。
残念ながらもう引退されているそうだけれど、
こんな動画があるおかげで知ることが出来た歌手のお一人。



しかし、シューベルト・・・こんな小糠雨の降る午後に
ゆったりと聴くには本当にもってこいよ。
仕事の途中だというのに、いい心持ちで船も漕げるし・・・?!

増刷分の月刊フラワーズ7月号は11日ころに順次書店に出るそうだ。
(付録の「訪問者」も懐かしい。オスカーファンには・・・♡)
小学館さん、原稿料に添えて、ぜひ萩尾望都先生に
ボーナスを差し上げていただきたく思う。
Commented by 香子 at 2016-06-07 20:22 x
無事にゲット出来てようございました♪
今度、竹宮先生のご本もお持ちしますね。
Commented by team-osubachi2 at 2016-06-08 08:00
香子さん
はい、たまたま通りすがりにゲットできて嬉しかったです。
ずーっと導かれるように目がそこへいったので「呼ばれた?」かと。笑
今度お会いできるときには私もご本持っていきますね。
by team-osubachi2 | 2016-06-07 18:54 | これが好き | Comments(2)