バラ一輪

去年からうちの大長屋のゴミ捨て場をとり囲む土手に生える野の花を助けたくて
(マンションの本分としては「芝のみ」を生やすべきところなんだろうけど)
ボランティアで(単に「物好き」ともいう)草むしりを始めたところ、
この土手隣りのお宅の奥さんと顔見知りになり、
顔を見ればお互い挨拶を交わすようになった。

この間の夕方、スーパーで夕飯の買い物をした帰りに
そのお隣の奥さんと遭遇したので、軽く挨拶をしたら
「ちょうどいい蕾があるから、持って行く?」と
鉢植えのバラの花を一輪、その場で切ってくださった。
ふわあ〜〜・・・なんて綺麗なの〜〜♡

私は園芸向きの手ではないから、草むしりが出来ればそれで十分なのだけど
花を咲かせる手を持っているって、もうそれだけで尊敬する。

f0229926_21175963.jpg

花は、たとえどんなに小さくて地味な花でも
咲くときはまるで魔法のようだと思うけれど、
ことにバラの花の蕾が開くときというのは「奇跡だ!」と思う。

名前も聞かないまんまいただいたけれど、バラ一輪の効果は絶大だ。
おかげで一週間もの間、寝室が美しかった・・・。
どうもありがとうございました ♪
Commented by sogno-3080 at 2016-06-04 17:01
こっくりとした良いお色ですね。
薔薇一輪、それだけでもの部屋の雰囲気が華やかに、
分かるような気がします。
Commented by team-osubachi2 at 2016-06-04 18:36
sognoさん
奥さんによれば今年は次々と蕾をつけてくれたんだそうで、
とても喜んでおられました。
ご主人は松の盆栽、奥さまは小さな地植えを担当ながら
いつもいつも何かしら花が咲いてるお家であります。
sognoさんはでも野菜も育てる手をお持ちですね♪
うちの母親もでしたが、農家の方々など野菜を育てる手も尊敬してます♪( ´θ`)ノ
by team-osubachi2 | 2016-06-03 21:44 | 生きものの世界 | Comments(2)