春のぼたもち

今日は彼岸の入りだそうだ。
私の郷里では旧暦のお盆にお墓参りをするので
お彼岸に墓参をしたことがなかったのだけど、
関東では春と秋のお彼岸にお墓参りをするお家が多いのね。

お墓参りはしないけど、いやしん坊の端くれとしては、
やっぱりこの季節に一度はぼたもちを食べたいと思う。

子供のころは、おふくろさまが手作りするぼたもちを
当たり前のように思って食べていたけれど、
考えてみれば今よりもうんと厳しい労働で忙しかったハズの昔の人ほど、
きちんきちんと季節の食べものを時節にこしらえて楽しんでいたのだろうなあ。
厳しい食生活では、それがどれほど大きな楽しみだったか、
・・・ということなのだろうけれど。

f0229926_225554100.jpg

一方で、おはぎ・・・ともいう。
「春は牡丹餅、秋はお萩」と教わったように思うけれど、
お店で売られているのは品よくちんまりとした「おはぎ」である。
ぼったりデコボコした「ぼたもち」は、まあ、行ってみれば
おっかさんのぼったりした手でこしらえた餡もちの風情といったところか。

ぼたもち、おはぎ、漉し餡、粒餡、きな粉に胡麻。
どれも甲乙つけがたいほどに好きだけど、
しかしお店であんまり上品にこさえて、お高くなられてもねえ・・・。

それでも、お彼岸にはついつい食べたいと思うお甘であ〜る♪
Commented by 香子 at 2016-03-18 14:16 x
牡丹餅と言うと手作り感満載の大きな物を想像し
お萩だと小振りでちんまり…な印象を持ってしまいます。
どちらも捨て難い(笑)
それにしてももうお彼岸ですねえ (^-^;;
Commented by 朋百香 at 2016-03-18 21:13 x
tomokoさま
今日、行ってきましたよお墓参りに小田原へ。お天気も穏やかで良い墓参り日和でした。帰りにお馴染みの蕎麦やがあり、芹蕎麦が美味しかったです。いえいえ、それがメインではありませんよ。(笑)
ぼたもち、やっぱりこの時期のお決まり。最近はすっかり自分で作るものではなくお菓子屋さんに並ぶものになってしまいましたねぇ。
Commented by team-osubachi2 at 2016-03-19 00:31
香子さん
そうそう、私もそんなイメージです。
ぼたもち、の響きがなんだかぼったりと厚く重そうですもんねえ?笑
春はエネルギーも大きいですし、どーんとぼたもち
秋は冬に向けて嵩がちいさくなりゆく感じなので、ちんまりとおはぎ
・・・っていう感じも季節的にピッタリ?!
あ〜、食べものの話になるとどんだけでもしゃべっていられる気がします。笑

しかし、今月で、もう一年のうちの・・・いや、云うのやめとこ。苦笑
Commented by team-osubachi2 at 2016-03-19 00:39
朋百香さん
E家のお墓は小田原になるのですか。
ちょっとした小旅行のようで、いい距離かもしれないですね。
ぼたもち、草餅、素朴な季節のお菓子、手作りされる方は今はもう田舎でも少ないかもしれません。
自分は実はいまだこさえたことがありません。
あんこももちも中年二人きりの暮らしではかえって高くついてしまいますしねえ。
買って食べるって、思えば贅沢なことかもしれないですね〜。
by team-osubachi2 | 2016-03-17 22:58 | 食べる | Comments(4)