オンナ正月の気分で(追記あり)

今日は立春♡
以前着付けを教えた友だちと横浜へ出かけ
そごう美術館で開催中の『日本画の革新者たち』を観たり
(奥村土牛さんの「晴日」観られてよかった〜♪)
おしゃべり三昧しながらお昼ご飯を食べたり
カフェで午後のお茶を愉しんだり・・・。

f0229926_22302561.jpg

友だちは、濃紫の暈かしの八掛をつけた匹田染めの小紋に
お知り合いの江戸友禅作家・清水雄一さんがが染めた友禅の染め帯。
青海波にならんだ菊花が咲き、ところどころ江戸の刺繍とおぼしき
細やかな繍いが施してある魅惑的な帯だった。

f0229926_1741591.jpg

↑小物使いも、帯の色目と呼応していてとてもシックで素敵〜♡

今日は私もちりめんの染め帯を無地の結城紬にあわせてみた♪

f0229926_2235139.jpg

この年齢では着物でぜったい着ることがないような濃いピンクも
こんな灰色の紬の袖口にちょこっと見えてるぶんには許されるっしょ?
だって〜〜〜、春ですもの〜〜〜♪
・・・外はまだまだ寒いけどネ。

f0229926_1785061.jpg

立春を迎えて、ちょいと“オンナ正月”気分で
際限ないおしゃべりを満喫した午後・・・楽しかったわあ〜!!
Commented by sogno-3080 at 2016-02-05 06:45
目の保養、ありがとうございまーす。
袖口からこぼれる濃いピンク、痺れまする!
ドキッ!
Commented by team-osubachi2 at 2016-02-05 11:42
sognoさん
これ、タネをあかせば、元はおふくろ様の古い白い羽裏をピンクに染めて貰ったもので、
半分は単の紬道中着の肩裏に使い、残りは単の襦袢袖に自分で縫って
二部式の晒襦袢にとり付けたものです。
同じくおふくろ様の古い薄紫の加賀小紋(江戸小紋みたいな小付け柄の小紋です)も、
そのうち自分で解いて洗って、襦袢袖と裾よけに直そうかと思っています。
多少シミやヤケがあっても、着物の下にならまだまだ活かせますしねえ。
着物マジック、話はまだまだ尽きませんね〜!♪( ´θ`)ノ
Commented by fuko346 at 2016-02-05 13:06
風は冷たいのかもしれませんが、お写真では 陽がうらうらと
暖かそうで、そして お二人のおきものが いかにも 早春、
という取り合わせで 美しいです。
きものって いいなあ、、、、と改めて思っています。
Commented by 朋百香 at 2016-02-05 16:36 x
tomokoさま
わ〜、お友達の友禅の染め帯、好みだわ〜!素敵、素敵!なかなかこういう帯と出会わないのですよね〜。見せて頂けただけで布好きとしては幸せ〜。帯揚げは?帯締めはどんな色だったのかしらん? 私だったらこんなのを合わせる・・・と、妄想は広がります。(笑) 
Commented by team-osubachi2 at 2016-02-05 17:38 x
fukoさん
日差しは日ごとに強く長くなってきているのを感じる季節になりましたですねえ♪
たとえ友人のものであっても、自分が好きな組み合わせを見ると
自分の感性が喜んでるなあ〜って思います。
嬉しいものですよねえ、着物のお洒落って。
Commented by team-osubachi2 at 2016-02-05 17:47 x
朋百香さん
ご希望のお応えすべく、おさしん追記いたしました。笑
友だちの美大系予備校の先輩なんだそうで、私よりひとつ下くらいの方だそうです。
もう本当に素敵でしたよ〜!色目がもろ江戸友禅!って感じで。
もしもいつか機会がありましたら見てみたいですよね、他の作品も。
友だちに、今度展示会とかやることがあったら知らせて〜!とお願いしておきました。
長平庵で個展やってくださらないかしらん?なんて・・・もーそーデスが。笑
Commented by 香子 at 2016-02-06 12:22 x
お二方とも江戸好みでシックな装い、ステキでございます♪
ご友人のお着物、わぁ〜細かい鹿の子絞り!
と思ったら染めなのですか? (@_@)
それもまた細か〜い!
Commented by team-osubachi2 at 2016-02-06 13:10
香子さん
はい、お友達の小紋、ちりめんの生地も色も八掛けもですが、
絞りでなく染めってすこぶる好みでありました〜♡
ある意味、江戸小紋よりお洒落感が出ますね〜。
私のお目目も喜んで友だちの装いに見入ってました。笑
Commented by sogno-3080 at 2016-02-06 13:22
「二部式の晒襦袢に取り付けた・・・」という言葉が
ずっとぐるぐる頭の中を駆けめぐっています(笑)
そんなコトができるの?!
うわあ、いつか詳しく教えてくださいませ。
それにしても生徒さんの着付け、さすがですね。
Commented by team-osubachi2 at 2016-02-06 14:51
sognoさん
私は普段着はたいがい二部式であります。汗をかきますし、水洗いでお洗濯したいのです。
市販品だと、こういうのもありますよ。
http://www.erisho.com/page/237
http://www.gofukuyasan.com/j_hanjyuban.html

私は自分では半襦袢が縫えないので、市販品を買って、
そこへ好きな布で替え袖だけ縫って晒襦袢の肩先に縫いつけるだけです。
http://okakara.exblog.jp/24178358/
*絹ものはあらかじめ2〜3回ネットに入れて洗濯機で水洗いして縮めてから縫っています。

古い単衣で、裾よけも縫っちゃいます。
もうね、衿を外して、腰の丈を計って印をつけてからズバズバハサミ入れてますよ〜。笑
(お団子ちゃんのところでも紹介してるみたいに、私はペチコート状に縫ってますが)

これまでもご覧いただいていると思いますが、その結果がこれらです。
http://okakara.exblog.jp/23826606/
http://okakara.exblog.jp/19853864/
http://okakara.exblog.jp/20364916/

一枚でも晒の半襦袢があれば、あとは袖を替えて着られます。
袖つけを半襟みたいにざくざく縫いとめておくだけでもいいのですから。
もっとも、よそゆきなんかは長襦袢の方がきちんとしてて気分が優雅ですけど〜。笑
Commented by 朋百香 at 2016-02-07 09:37 x
tomokoさま
追加のお写真、ありがとうございますー。やっぱりね〜、という感じでした。
「今度、展示会・・・」ぜひぜひ伺いたいです。!その時は宜しく〜。
Commented by team-osubachi2 at 2016-02-07 17:59
朋百香さん
今のところはこれといって予定がないみたいですが、
もしもの時にはお知らせいたします。
友達が、自分がプロデュースしてあげたいくらいだなんて言ってました。
よろしく!って伝えておきます。笑
by team-osubachi2 | 2016-02-04 22:43 | 着物のこと | Comments(12)