今年の洗い張りもの

今年もこの季節が来ましたか・・・と思いながら押し入れをあけ、
ごそごそと奥から着ないでいた着物を引っぱり出す。

一枚は友だちのママからいただいた盛夏用の絹縮み(紫蘇色)。
何度も着たので、そろそろ水洗いでさっぱりさせてあげたい。
もう一枚は古着物を扱うお友だちのところで手に入れた単衣の格子紬。
身丈はいいのだけど、身幅が大きすぎて、、、正直、着にくい。

f0229926_10265060.jpg

毎度お世話になっている熊本の悉皆屋さんの「田崎染工」さんが
この1月31日までに限り、洗い張りを3割引してくださるので
直したい着物を洗い張りに出しておくのであ〜る ♪

もちろん、また着物として着るためには、お仕立てが必要なのだけれど
毎度のことながらそこまでの資金はないから、
ひとまず「洗い張りのみ」先にやっておくのである。
お仕立てはまたそのうちに・・・。

でも、私の問題はそのお仕立てにまわすやりくりがヘタクソで
洗い張りから戻ってきた反物が何反も眠っていることなんだけど、
ま、あわてないあわてない。一枚一枚じっくり着物とつきあっていこう♪

きものお手入れ処 田崎染工
http://www.tasakisenko.com
*洗い張り3割引キャンペーンは1月31日までのみ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

*まだ未経験の方や、はじめての方へ

「洗い張り」とは、着物をほどいてから反物状につないで水洗いをすることです。
「生洗い」といわれる(通常はドライクリーニング)着物の形のまま
全体を洗うのとは大きく異なります。
ほどいて布状に戻して洗うことにより、袷だったものを単衣に直したり、
単衣だったものに裏地を用意して袷の着物にしたり、
全体的な寸法の変更が(布の許容範囲で)可能になります。
ですので、洗い張りしたものを着るには、
そのあとふたたび「仕立て」が必要になりますし、
また洗いあがりまでも時間がかかります。
その点をどうぞご考慮ください。

サイトには料金表もでています。
お願いしてみようかしら、と思われる方は
一度お問い合わせの上、ご相談なさってみてください。


Commented by fuko346 at 2016-01-13 12:52
きれいな布ですね~ とくに絹ちぢみさん 好き♪
って またよそ様の持ち物でうっとりしてしまって。

お手入れ 着まわし で悩んでいるので、こちらの三割引きも 魅力的で 考えておりますのよ。
Commented by team-osubachi2 at 2016-01-13 17:39
fukoさん
色がぜんぜん出てないんですけども、出自不明の赤紫蘇色の絹縮みさん、白茶と薄藍の横絣がなんともかいらしくて好きであります。
着ると熱と水分で、シルクジョーゼットのようにふんわりしてきて風を孕みます。少し年季ものですので、居敷あてした方がいいかもですね。

着物のお直しもなんだかんだ要り用ですし、よろしかったらご検討なさってみて下さい。
Commented by sachiko at 2016-01-14 14:28 x
盛夏用の紅色の絹縮 良いお色ですね
ふんわりさらっとした着心地なのかしら〜

洗い張りすべきか・・・
どなたかに使っていただこうか・・・
迷いながら整理する時間がなかった昨年

今年こそ少しづつ身の回りの整理整頓
療養生活の長かった母・・・
母を見ていて 自分の思うようにできるうちに と思います

お着物好きな方に纏っていただくのが一番ですものね



Commented by team-osubachi2 at 2016-01-14 18:21
Sachikoさ〜ん
この絹縮みさんみたいな(実物より深い)赤紫蘇みたいな色目の夏着物なんてもう見かけない気がします。立秋を迎えると、こんな色目も着られる気がしますが、気温はもう少し穏やかであって欲しいものですね〜〜(^^;;
去年はまたひときわお忙しかったですね〜。今年は去年の分も絹物をいっぱいさわさわなさってくださいませ(^_^)b
私も足裏が落ちついてきてますので、今年は去年より着物着たいなあって思っておりまする〜♪( ´θ`)ノ
by team-osubachi2 | 2016-01-13 12:38 | 着物のこと | Comments(4)