オススメ!『原由美子のきもの暦』

スタイリストの原由美子さんは着物好きでも知られる。
その原さんが雑誌『 FIGARO japon 』でずっと連載されていたページが
一冊にまとめられて発刊されたとのことで
一昨日となり駅へ相方のバースデーケーキを買いに出たついでに
本屋さんへ寄って買って来た。

f0229926_12412723.jpg

原さんのコーディネートは
私が好きな昭和のころの着物を思い出させてくれるが
それは古いという意味ではない。

むしろ時代の流れには関係なく、
きちんとした「着物という衣服」の流れを汲み取ってもいて
どんな時代になっても着られる組み合わせだなと思う。
しかもアカ抜けている。

f0229926_1259571.jpg

着付けを覚えたばかりのビギナーさんが次に迎えるハードルは
季節に着るものやTPOの問題ではないだろうか。

季節の着物ってなんだろう?
どういう場にどんな着物がふさわしいのだろう?
そんなときのお手本になるようなコーディネートが
月暦ごとに普段着から礼装まで幅広く紹介されているので
着物ビギナーさんから着巧者のベテランさんまで広くオススメの一冊である。

f0229926_139524.jpg

・・・あれ?どこかで見たよな帯が紹介されていた。
そうそう、こんなイカットの帯地もいろいろ出回ったことがあったっけ。

私もこのお店で一本求めたさい、
帯地の端にフリンジが着いてたのを見ていたらそのまま活かしたくなり
名古屋帯に仕立てることなく持ち帰り、
そのままグルグルと巻いて兵児帯として愛用している。

f0229926_84205.jpg

しかし、ネットでポチるのとは違って、
本屋さんで本を手にとってお財布からお金を払って買うって
どこかワクワクするものがある。
家に持ち帰ってひろげて眺めてもそのワクワク感は続く。。。
私にとってはあわただしい家事や仕事の合間に
ちょこっとひらいて楽しみたい一冊でもある ♪

フィガロブックス『原由美子のきもの暦』
http://books.cccmh.co.jp/list/detail/1770/


Commented by sogno-3080 at 2015-12-18 17:39
面白そうな本ですね。

ウェブ上で原さんのコラム拝見していました。
あの垢抜けた着物姿、ホント素敵ですよね。
原さんのコラムに登場する方々もセンス抜群~
Commented by team-osubachi2 at 2015-12-19 01:47
sognoさん
なんといいますか、小・中学生のころに新年号を手にして暮れからお正月までこたつに入って読みふけった気分が蘇ったくらい、私にはなかなか楽しい一冊です♪
コラムに登場される原さんも着物仲間の方々も洒落ていらっしゃいますね〜!
by team-osubachi2 | 2015-12-17 13:31 | 着物のこと | Comments(2)