ありがとう、そしてよろしくね

今年実家の箪笥をキレイさっぱりと整理したさいに
丘の上の住居に持って帰ったおふくろさまの着物や
弟から相方にと譲りうけた着物など
仕舞うべきものは仕舞わねば、と自分の箪笥の整理をして
今日はそれをまとめ上げ、名古屋の義姉(あね)さまの元へと発送した。

私が直して着ていた(おふくろさまが嫁入りのときの)古い付下げや
若い頃から愛用していた大島だの格子小紋だのは来春社会人になる姪っ子へ。

f0229926_22243237.jpg

ついでに帯もいくつか取り揃えて送り出すことに・・・。

f0229926_22255749.jpg

あふくろさまが後年誂えた黒留袖と長襦袢は
形見分け第二弾として寸法がちょうどあう兄嫁どのへ・・・。
(しかし比翼のついた黒留袖ってなんて重いの!?一枚でもズッシリ〜!)

f0229926_11405936.jpg


まだしつけ糸がついたままだった黒留袖は、でも
たとえおふくろさまが袖を通す事もないままではあっても
それはおそらく胸躍る買い物であったろうし、
このひと揃いが箪笥にあるというだけで
心の豊かさを味わうことができたのに違いないと想像する。

私が着てきた着物や帯も、そういう心の豊かさにおいてはひけをとらない。
長い間愉しませてもらったなあ〜と思う。

どうか新天地で、新しい持ち主に存分に可愛がってもらって
いい着物時間を与えてあげてちょうだい。
本当にありがとう、そしてこの先もどうぞよろしくね ♪


Commented by sogno-3080 at 2015-12-08 08:24
あら~、あの帯(確か中原さんの展で・・)も?!とか
ツッコミ入れながら拝見させてもらっています(笑)
お母様の黒留袖、私はその経験がないのですが、
お気持ちはとっても理解できるような気がします。
「箪笥にあるだけで・・」的シアワセ感は
大きかったことでしょう!!

だから、リメイクにもついついチカラが入りますよ。
Commented by team-osubachi2 at 2015-12-08 13:35
sognoさん
まだ着られるかもしれない着物や締められるかもしれない帯、、、かもしれませんが、さすがに20代から着てきて、もう充分ですかね。イタイ着姿になる前に手放すのがいいかな、と。笑
そして、若いころに背伸びして用意していたお直し物との付き合いがこれから始まります。これはこれでワクワクします〜。年を取る楽しみ、着物ならではですよねー♡

sognoさんならではの黒留袖の活かし方、素晴らしいです!またよく似合う!写真でしか拝見してなくても想像つきます。(^ν^)b
Commented by 朋百香 at 2015-12-08 19:50 x
tomokoさま
あら〜、あの蝶々の大島も行っちゃうんだ〜。
でも、新しい所で活躍してくれるのなら、それもまた良し!ですね。
Commented by team-osubachi2 at 2015-12-08 23:29
朋百香さん
そうそう、この白大島も送っちゃった〜〜♪これも着始め当初から着てたんですもん、もういい加減エエやろ〜思いまして。笑
私はまたこれから自分がワクワクするのを着こなしてゆこうと思います〜♪
by team-osubachi2 | 2015-12-06 22:59 | 着物のこと | Comments(4)