カフェ・バッハのイエメン・モカ・ハラーズ

昨日は相方の実家に行って、
ちょこっと買い物のお手伝いや雑用をすませる合間に
いつも寄る近所のカフェ・バッハで一服した。

メニューを見ていて、ああ、そういえば私、
イエメンのコーヒーって
ちゃんと味わったことがないことに気がつき、
今さらながらってかんじだけど、相方ともども
イエメン・モカ・ハラーズという一杯を注文した。

さわやかな香りとほどよい酸味。。。うん、いいね♪
ああ〜、夏の盛りにこの味わいはなんだか贅沢だなあ〜♪

f0229926_1519491.jpg

イエメンでもわずかな輸出品のひとつがコーヒー豆なのだけど
自国の人たちの大多数はこの高級輸出品を口にすることはなく
普段はギシルという豆殻を煮出したものを飲む。
現地で何度か口にしたけれど、
まあ、それはそれとして飲めなくはないものの
こうして良い豆のコーヒーを喫してみると、
贅沢なのは味だけじゃないなという気がした。
このおだやかな時間も。
そしていま、自分が平和な中で暮らしているありがたさも・・・。

Commented by fuko346 at 2015-07-22 10:19
イエメンのコーヒーは 多分飲んだことはありませんが
こちらを読ませていただいて ふと 香りが漂って
きたように感じました。

ほんとに、平和で 寝るところがあって食べるものに
困ってないって状態は恵まれている、と思うのでした。
次の世代へ手渡したいものです。
Commented by team-osubachi2 at 2015-07-22 15:15
fukoさん
以前、私はコーヒーのこの酸味が苦手だったのですが「味覚」って味を覚えると書くように、覚えた味が増えてゆくごとに味覚って豊かになりますですね♪

この夏はことに響く「平和」の文字です。
この節目の年が「あれが境目だった」などという年にならぬよう今後も平和であり続けていてもらいたいですよね。
by team-osubachi2 | 2015-07-21 15:37 | 食べる | Comments(2)