襦袢のお直し

一年ほど前に身罷ったおふくろさまの箪笥から救いあげてきた
まだ新しい長襦袢が二枚ある。
袖丈と身丈だけ直せばなんとかなりそうだ。
しかし無双袖のお直し・・・これってどういじればいいのかね?

なので今日は雨の中、和裁を習っている友人宅へ
おしかけていって教えてもらってきた。

f0229926_2393748.jpg

ほお〜!さすが餅は餅屋!まさに裏技!!
忘れないうちに、と、今夜のうちに袖部分を仕上げてしまおう。
裾の続きはまた後日。

教えてもらってとっても助かりました。感謝♪

Commented at 2015-07-02 11:58 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by team-osubachi2 at 2015-07-02 21:21
鍵コメントさん
昨日はありがとうございました。
おかげさまでお金をかけずにこのお襦袢を活かせそうです。いまの私にはとても助かります。
また不明な事などでてきましたらよろしくお願いします。
あの大きな駅から歩くのでも全然オッケーですね、道もわかりやすいですし。またお邪魔させていただくのを楽しみにしています〜。感謝。
by team-osubachi2 | 2015-07-01 23:15 | 着物のこと | Comments(2)