白い毛

頭髪の話である。
人間五十年も生きてると、
体の毛のいたるところに白い毛が混ざってくるのよねえ。

長いこと、自分の頭にいまどれだけ白い毛が生えてるのか
知りたいキモチはあったんだけど、
なかなか現実直視するキッカケもなかったところへ、
去年皮膚科のトラブルが起きたので、この数ヶ月髪を染めるのをストップ。
ようやくいま現在の自分の頭の白い毛の全貌が見てとれるようになった。w

だんだんあらわになる自分の髪の現実。
(直視するにはちょっぴり勇気がいるね)
第一印象は・・・やっぱり「老けて見える」だった。
でもね、慣れてくると・・・あら?「うん、悪くないんじゃない?」

f0229926_9204929.jpg

この間、美容院へ行ってきた。
前々から白い毛を活かしたい希望を伝えてはあるけど、
地肌につかない程度に部分部分にカラーしたらいいねという話になった。
「年齢的な“見せ方”ってあるからネ」と言われた。
ああ〜“見せ方”ね。ナルホド。
自分で見ても中途半端な感じは否めないもん。
オリジナルを活かしつつ、でも、見せ方を意識する・・・いいね。

その日の帰りの電車の中でのこと。
偶然、私の前とお隣に60代から70代とおぼしき
ベリーショートのグレイヘアが居合せて座った。
どちらもとってもご自分らしいおされなスタイリングで、
「ほら、ベリーショートのグレイヘアはいいものでしょ?」って
無言のまま、後輩のこちらにいいお手本を見せてくださってるかのようだった。

ま、そんなことで、もうしばらくの間部分的にカラーを加えつつ
還暦を迎えるころには、オールナチュラルな髪が格好イイ!
・・・と思ってもらえるような
そんなおされなネンパイ女子(?)になれたらいいな〜♪

・・・ね?ミイちゃん!?
生まれたときから白い毛と黒い毛の友だちんちの猫に話かけてみる。w


Commented by abe-mayu at 2015-06-10 18:05
あ〜んミイちゃん、この写真が一番良く撮れているかも。
大切にします。それから荷物受け取りました。どうもありがとうございました。

染めるのを止めるって勇気がいりますね。
似合う服の色も変わってきますよ。
Commented by 朋百香 at 2015-06-10 20:14 x
tomokoさま
私もね、最近考えているの。いつ染めるのを止めるかって。染めるといっても、私の場合香草のヘアマニュキアなので、一ヶ月もするととれちゃうのです。そろそろメッシュに染めようか?と美容師さんに聞くのですが、まだいいですよー、って。
8年来の彼なので、信じて任せてます。
ナチュラルというのも、なかなか難しい。
いつ決断できるのかな? でもそれも、自然に任せて・・・ですかね。
Commented by team-osubachi2 at 2015-06-10 21:03
abe-mayuさん
ね〜、きゃわい〜〜ミイちゃん!
我ながらこれ、キレイに横顔が撮れたなあ〜と思いました。
お目目、ガラスがはまってるみたい♡

染め続けていると、どこでケリをつけていいのか
わかんなくなっちゃいますよね。
体調壊れたのはむしろいいキッカケだったかも?!笑
Commented by team-osubachi2 at 2015-06-10 21:09
朋百香さん
あ、マニキュアなさってらしたんですか。
いえね、私の友だちであと数年で還暦って友だちが頭いまも黒々とした天然髪だものですから、朋百香さんもそうかと思ってました。
私も60くらいから素髪に戻したいなって思っていたので、予定より少し早かったですけど、美容師さんのアドバイスも確かにそう思えるので、兼ね合い見ながらシルバーグレーめざしたいものです。
そうそう、やめ時も自然にまかせていればいずれそのうちに。
Commented by fuko346 at 2015-06-10 22:17
色のつくトリートメントを生え際に 気持ち程度。白いものは
隠しきれません。
でも いっか~って 笑
私も このままいって 全体がシルバーグレイになれば
いいなあって思っておりまする。
中途半端をどう乗り切るかが 課題ですが、まあ 自然に。
ゆるゆる ときのままに 年をとっていきたいです。
Commented by 香子 at 2015-06-11 00:10 x
ワタシもとりあえず還暦までは手をかけようと
グレイヘア部分のみ染まるリンス(今はシャンプー)を
使ってます。メッシュっぽくなってます☆
一色に染めちゃうと頻繁に染めないとダメそうだもの。
不精なワタシにはしょっちゅう美容院は無理〜 (^-^;;
Commented by team-osubachi2 at 2015-06-11 10:47
fukoさん
本当に中途半端なこの白黒まだらをどうしたらいいのかみなさん悩みますよねえ。
古い思い出ですが、自分が若い頃おせわになった京都の花街生まれのおでんやさんのおかあさんはもうずっと艶やかな黒に染めていらして、方や銀座の紬屋吉平の女将さんは白黒のひさし髪(あんこもご自分の抜け髪を大事にとって活かしてらしたそうで)で、どちらも甲乙つけがたい美しさと色気でした。
色よりはいつもきちんと手入れしてるかどうかって問題なのかなあとも思いますが、いかんせんごく一般大衆の自分はじゃあどうすんの?って話ですが、そうか、世の中にはカラーリングのトリートメントやシャンプーがあるんですわね。試行錯誤ですねえ。
Commented by team-osubachi2 at 2015-06-11 10:54
香子さん
還暦あたりがひとつの目処ですかね、やっぱり。
むかし銀座線の渋谷駅で真っ白いロングの髪をおろして、真っ赤なスーツ姿の女性を見かけたときは衝撃がありました。
残念ながらお顔を見られなかったんですけど、おいくつくらいの人だったのかなあ。
あそこませ真っ白になったらあっぱれですが、うち両親を思い出すとゲーハー(笑)とゴマシオで人生おしまいだったので、自分もその部類かもな〜って思ってます。
美容院もね、月イチでカットにいくでもなし、どうしたもんでしょうねえ。
by team-osubachi2 | 2015-06-10 10:14 | 日々いろいろ | Comments(8)