袋帯の芯をちょちょいのちょい、と

若いころなら、それこそどんな着物や帯でも
平気の平左で着ていたけれど、私もちょっと大人になったのか(?)
以前ほど目方のある帯などはしんどくなってきたので、
自分で工夫して、少しでも軽くしたいと思うようになってきた。w

f0229926_2254384.jpg

以前リサイクルで求めた袋帯。
なんだかちょっと重みが感じられたので、
この間、手先の袋綴じをほどいてちょいと細工した。

f0229926_23245123.jpg

あらかじめ位置を確認しておいてから、
ちょうど胴巻きとお太鼓のさかいあたりまでひっくり返す。
表地にはちょっとしか見えない金糸も、裏にはたくさん浮いてるから、
うっかりそれらの糸に引っ掛けないよう気をつけながら
お太鼓部分からたれ先までを残して、胴に巻く部分の帯芯をズバッと取り除いた。

f0229926_14225218.jpg


仕立屋さんから見れば、まあ、なんてやんちゃな!と呆れられるかもしれないけど、
でも、自分だけが感じるちょっとした不具合のせいで
箪笥の肥やしにするのはもったいない話だからネ。

さあ、これで今度締めるときはもっと快適になるでしょ♪


Commented by 香子 at 2015-04-11 11:29 x
なかなかその「ちょちょいと」がムズカシイ。
垂れだけ残して芯外すって
けっこう大事と思いますよ~(@_@)
ワタシなら「餅は餅屋」とか言って
出してしまうわ~(汗)
Commented by team-osubachi2 at 2015-04-11 13:49
香子さん
いえね、たまたま着物着だした頃、テパートで買った新古品の袋帯と帯芯を買って帰りましたら、アパートの大家さんでもあったお茶の先生に「芯の入れ方教えてあげるわよ。私もよく自分でやったの」って教えていただきました。そのせいか、袋帯は抵抗感なくやっちゃうんですが、さすがに名古屋帯の仕立てはお手上げです。笑
私は、でも、着物が縫えましぇ〜ん!(^^;;
Commented by 神奈川絵美 at 2015-04-12 22:32 x
うーん、さすがでござりまする。私なんて、難しいどころか、帯の表地を破壊してしまいそう…。
裏に出ている細い糸をひっかけないように、とは、注意力が要りますよね。
そういえば、母の形見の袋帯で、芯の入っていないものがありました。最初から芯を入れずに仕立てるなんてこともあったのかなあ…。
Commented by team-osubachi2 at 2015-04-13 08:30
絵美さん
いやあ〜「よい子はマネしてはいけません」デス。笑
お茶の先生に手伝っていただいてはじめて自分で芯を入れた帯は、前柄とお太鼓柄だけに刺繍で模様が入った無地場の多い漆箔の帯でしたのでやりやすかったのでした。
また織り帯でない分、芯を入れないとへたるだろうと思いましたけど、しっかりした織り帯によっては、絵美さんのお母様も帯と同様、私も別に芯なしでもいいんじゃない?って思って入れずに自分で袋とじして愛用している帯もあります。
呉服屋さん側はやっぱり入れた方がしかりして痛まないって言われましたけど、昔ほど締めないんですよねえ〜袋帯って。少しでも軽量でしめやすいのがいいですよねえ。
Commented by 朋百香 at 2015-04-13 23:40 x
tomokoさま
そー、段々歳がゆくと重い帯ってほんと嫌。
少しでも軽くって思います。
でも自分で直そうとは、思わない(笑)
tomokoさん、えらい!
母の帯がいい帯なんだけど重いのよね。さてどうしたもんか?
と思い続けてはや数年・・・。
Commented by team-osubachi2 at 2015-04-14 09:16
朋百香さん
昔の帯ってなんであんなに重いんでしょうか?
現代ものとはお蚕さんの糸自体がちがうにしても、ですよね。
身内の帯、好きで締めたいものでしたら、お手入れついでに
芯を抜いてもらうっていう手もありますよ〜。
お母様のおみ帯、活かせるといいですねえ♪
by team-osubachi2 | 2015-04-11 00:51 | 着物のこと | Comments(6)