じいじの天眼鏡

多少乱視ではあったものの私の視力はよかった方だ。
けれど、それは世間の噂話の通り、この数年で一気にやってきた。
何が・・・って?
老眼であ〜る。ローガン・・・嗚呼!

読書と仕事のときは老眼鏡をかけるけれども、普段は眼鏡なし。
でも、家事のときなど、
ちょっとした文字表示が見えずらくってしょうがない。
そこで思い出した。・・・そうだ!あれ、使おう!
じいじの形見の天眼鏡であ〜る。

f0229926_711517.jpg

子供のころ、母方の実家に遊びにいくと
いつも新聞の傍においてあったじいじの天眼鏡。
30年ほど前に亡くなったあと、私から希望して
じいじの愛読していた故事や四字熟語の本と一緒に
この天眼鏡を形見に貰い受け、東京に持ち帰ったのだった。

以来ずっと画材道具の引出しに入れっぱなしだったのだけど
とうとう、と言うか、ついに、というべきか、
私もこの天眼鏡を使おう!と思う年齢になっちゃった。

むき出しのまんまでもいいのだけど、ちょっとカバーするものはないかと
クローゼットから取り出したのはうちの家紋入りの巾着。

ずっと以前、おふくろさまが嫁入りのときの古い黒留袖を
手まめな友だちのママ・キクコさんに預け、
クッションカバーやら扇子袋やら巾着やら
いろいろお好きにリメイクしてもらったさい、
両袖の家紋の部分を活かして巾着にしてもらったものだ。

f0229926_7124073.jpg巾着の中には
紅絹が・・・♡

キクコさんはこの巾着をふたつ縫ってくれたので、
ひとつはおふくろさまが長いこと数珠入れに愛用していたっけ。

もうひとつはほとんど使うことなく私の手元にあったのだけれど、
こうしてじいじの天眼鏡を入れてみると、じいじとおふくろさま、
それぞれの形見が私の手元でちんまりとひとつに収まって、なんかいい具合。
では、ありがたく使わせていただきましょうかね〜♪


Commented by 朋百香 at 2015-03-29 13:30 x
tomokoさま
素敵〜! 天眼鏡もですが、この巾着が。
そうか、こういう使い方もあるんですね。
さっそく作ってみたいけど・・・こんな風に上手に
出来るとは思えない。
布はたくさん、あるんですが・・・。
Commented by team-osubachi2 at 2015-03-29 15:45
朋百香さん
こういう巾着を縫えるテキスト本とかお持ちですか?
立体に縫うのでなければ、半日で簡単に縫えますよ。
四角いカタチからはじめてもいいですし。
要は細かい針目で縫えれば簡単です。
私もお茶をならってた時代の古い袱紗を洗って、
いくつか指輪入れなんか縫いました。紐の両端にある丸いボンボンとか、そういうちょっとしたコツをキクコさんに教えてもらいました。
お針の会、巾着を縫う会、キクコさん、長平庵にお誘いします?笑
by team-osubachi2 | 2015-03-26 07:32 | これが好き | Comments(2)