ルーブル美術館展へ

7年ほど前、うちの相方はパリへ美術鑑賞三昧に行ったそうだ。
ルーブル美術館で、彼はフェルメールの「天文学者」に会いたかったのである。
がしかし、楽しみにしていた「天文学者」は
海外へ遠征中だったため、お目にかかれなかった。

そして相方は今日、有給休暇をとって私と一緒に国立新美術館へ出かけ
念願かなって「天文学者」に、ここ東京で会うことが叶い、
彼はようやく溜飲をさげたのだった。そりゃよかったね。w

f0229926_2223822.jpg

この展覧会は、画号のサイズ的に大型の作品よりも
小作品(フェルメールはいわずもがな)に見応えのあるものが多かったように思う。
例によって、もしも「お好きなものを一点差し上げましょう」と言われたら
・・・という“妄想お持ち帰り”の一点は
コローのめずらしい人物画「身づくろいをする若い娘」がいいなあと思った。
・・・・・・なんて、バカもほどほどに。w

先日の着物に袖を通したのと同様に
これまた久〜しぶりの美術展観賞も嬉しく観てまわり、
お昼は中華料理店で、相方は麻婆豆腐定食と小籠包、
私はエビチリソース定食で空腹を満たした。

f0229926_22261828.jpg

そのあと、ちょっと移動して帝国ホテルのラウンジへ。
2日遅れのホワイトデーとして美味しいお甘をゴチしてもらった ♪
見るからに目に良さそうな(?)ブルーベリーのタルト・・・ブヒ♡

f0229926_2229419.jpg

帰りの電車はいい心持ちで眠りこんで
降り出したあたたかい雨の中、家路についた。

ルーブル美術館展/国立新美術館にて6月1日(月)まで
http://www.ntv.co.jp/louvre2015/


Commented by セージグリーン at 2015-03-17 11:49 x
フェルメールは寡作の上に、世界中に作品が散らばっていますから、せっかくお目当てにやってきてもフラレルこともありますよね、、、。お連れ合い様、念願がかなってようございました。私は20代の頃、しっかり目に焼き付けました。
持ち帰りたいほど好きな作品に出逢え、パンチの効いたお料理、そうしてホワイトデーのお甘いの力で、ますます上昇気流に乗られますように。
Commented by team-osubachi2 at 2015-03-17 12:22
セージグリーンさん
私のフェルメールは、大阪まで観にいった
真珠の耳飾りの乙女にトドメを刺されて、
「以上!おわり」です。笑
Commented by 香子 at 2015-03-17 21:07 x
チケットはゲットしてあります。
あとはいつ行くかです(笑)
6月までとノンビリしてると日が無くなっちゃうんですよね。
Commented by team-osubachi2 at 2015-03-17 23:27
香子さん
前売りでも1400円ですもんね〜。
私も逃してなるものか!の一念です。笑
月曜午前からすでにかなりな混雑でした。
マグリット展が始まると館内すごい人出かもですね。
この集客率なんだから、もっと入場料安くしてくれえ〜い!本音です。(^^;;
Commented by cello87 at 2015-03-21 11:37 x
来週火曜日から上京しますので 鑑賞してきます。火曜日はコレド室町の食べるアート 魯山人なにやら最終日を覗いてみます。
黒澤のステーキも堪能しようと思ってます。
Commented by team-osubachi2 at 2015-03-21 12:09
cello87さん
春の東京、そろそろ花も開花。
エンジョイしてらしてきてください♪
by team-osubachi2 | 2015-03-16 22:43 | 食べる | Comments(6)