冷たい雨の日には

毎度のことながら、首都圏は大騒ぎするほどの予報もあって
期待(?)していたのに、結局積もるほどの雪にはならず、
今日はみぞれまじりの冷たい雨が降る一日だった。

こんな日の午後は針仕事をするのもよからん♪
そうは言っても、襦袢の半襟をかけるくらいがせいぜいだけど。

f0229926_1729688.jpg

去年の夏からなかなか着物を着ることができないのをいいことに
すっかり怠けていた半襟かけ。
冬場に愛用している小鶴小紋のモスリン襦袢には手紡木綿の半襟を。
桜の花びら小紋の赤い襦袢には縮緬の半襟を・・・。

ひょっとして足袋がはけるようになる頃には、
この襦袢たちにすぐの出番はないかもしれない。
でもいいわ。
手を動かしながら想うもん「春遠からじ」ってネ〜♪
Commented by cello87 at 2015-02-05 17:48 x
去年この手紡木綿の半襟をこちらで見てから 機会あるごとに探してますが 似たようなのにまだ出会いません。
今年出会えたらラッキーです。
着物は全て母の仕立て直しですから 小物探しは 1番の楽しみです。
Commented by team-osubachi2 at 2015-02-05 18:57
cello87さん
欲しい小物ってありますよね。お母さまのお着物が何枚も活かせるって何よりですし、そこへ少しずつ自分で選んだものが、たとえ半襟一枚帯締め一本でも加えて自分好みのコーディネートになっていくのってさらに愉しいですね。
いつかお好みの半襟、見つかりますよ、きっと。
欲せよ、されば与えられん。笑
Commented by abe-mayu at 2015-02-06 10:36
昨日は寒かったですねえ〜。
桜の襦袢の赤い色を見たら、縮こまった心と体がほぐれてくる気がしました。色の力ってあなどれない。
これから赤いセーターに着替えよう!!

赤い襦袢がちらっと見せるコーディネート、今度見せて下さい。
Commented by team-osubachi2 at 2015-02-06 22:33
abeさん
はい、色のチカラってありますよね〜。
洋服では表に着られる赤も、着物だとお襦袢や小物の挿し色チラで十分だったりするのがホントに不思議。
この赤、若い人向きの真紅より少しだけ茶寄りで大人向きかもです。焦茶や黒い紬の下に着ますでしょうか。
体調整ったらいつか着物でお会いしませう♪
by team-osubachi2 | 2015-02-05 17:41 | 着物のこと | Comments(4)