ジョーのグローブ・・・のパン

昨日は雨の中、浅草の姑どの支援へ。
はじめて介護保険の申請を手伝いながら、少しずつそのしくみを知る感じ。
まあ、無いよりはあった方が良い介護保険制度だけど、
でもかゆいところへは手が届かないようにもなっていて、
なかなか難しいものだなあ〜と思いつつ申請を済ませて、
それから銀行などをまわって買い物。

f0229926_11191862.jpg

相方の実家は『あしたのジョー』の故郷(?)にほど近く、
某商店街にあるパン屋へ寄ったらば、
ジョーのグローブ型のパンをみっけたので
思わずそれを(自分へのおやつに)買っちゃった♪
雨だれの音を聞きながら、こたつで姑どのと二人で
(姑どのはお好きな食パンにハムを挟み)しばしコーヒーブレイク。

ブリオッシュ生地のグローブはふわりと軽くて美味しかった。
左手がイチゴジャム、右手がこしあんになっている。
私はこしあんの方を食べて、イチゴジャムの方は、相方の実家を出たあと
夕方都内某所で合流したカメラマン女子の友だちにプレゼントすることにした。

「このグローブ・・・あんたにもらってほしいんだ」

f0229926_1148829.jpg

と言って渡したら、カメラマン女子は笑いながら受け取ってくれた。

彼女も私も『あしたのジョー』が大スキなんである。
「中からジョーの赤い血が出てくんのよ!・・・ジャムだけどネ」
こんな阿呆なやり取りが出来る友だちがいるって嬉しい。w
(コミック借りっぱなしでゴメン!読み直し終わるまで待ってて〜!)
Commented by sogno-3080 at 2015-01-16 17:54
申請手続き、お疲れ様でした。
私も今まではどこか他人事でしたが、身内に起こると
そうはいきません。テレビのニュースでもそちら方面の
ニュースは気になりますよ。

グローブ型のパン、可愛い!
Commented by enjoy-wales at 2015-01-16 18:24
先日はコメントをいただき、どうもありがとうございました。
ジョーのグローブのパンを作ってしまうところが、お茶目と言うか。笑 アホなやり取りが出来る友達と言うのは、大切にしたいですね。
↓ お母さまの色無地はどんな風に変身してくれるのでしょう? 今から楽しみです。
↓↓ 白洲千代子さんの陶器のブローチの素敵なこと!実物をいつか見てみたいなぁ。
Commented by team-osubachi2 at 2015-01-16 21:16
sognoさん
そうですよね。実家では一緒に住んでいた弟がやってくれてましたので私はこれが初めてなのでした。
母が以前脳梗塞をやったときは右麻痺で主婦としては不自由極まりない状態でしたが、それでも要支援1。しかも、掃除など「こんな散らかった家お願いするのは気の毒だ」と云って何も頼まず(散らかってるからプロにお願いするといってもあの世代のかたくなさは聞くものではなかったですねえ)、でもその当時、家の男ども(親父さんと弟)は何もしなかったので結局それがリハビリになって自分でいろんなコトが出来るようになりました。介護保険を利用するようになったのはもっと後、心臓をやらかしてからのことでした。それでも要支援2。ほどなくして私が嫁入ったこともあり、弟に介護する覚悟といいますか自覚しはじめたのはそれからのことでした。介護の世界は友だちも会社をやっていますが、なかなか拉致のあかないことや厳しい現場と現状のことなど、いろいろ考えさせられますですねえ。
ジョーの故郷にあるパン屋さん、たしか相方の同級生がやってるんじゃなかった・・・かな?美味しいのです。このごろ、姑どのがどこで買い物していたのか、相方の地元の地理が少しずつ分かるようになりました。路地裏を歩いて知るのは面白くて好きですねえ〜。笑
Commented by team-osubachi2 at 2015-01-16 21:54
enjoy-walesさん
あら、はるばるウエールズからありがとうございます!笑
こちらこそありがとうございます。
いやあ、日本のパン事情もいまやスゴイことになってますけど、こんなジョーのグローブパンは・・・きっとここだけですね。フフフ。
母の色無地、洗い張りには出したものの、はていつ仕立てにだせることやら?です。新しいお襦袢もあって、いやあ〜、お直しも寒い懐事情には悩ましい問題ではあります。笑
白洲千代子さんのブローチだとか小物アクセサリー、洗いざらしのコットンシャツやセーターによく映えます。個人的には耳たぶをくるりと挟むようにしてある米粒くらいの真珠の耳飾りが大好きで、普段愛用しています。いつか機会があるといいですねえ。またお知らせ載せましょうね。
by team-osubachi2 | 2015-01-16 11:55 | 食べる | Comments(4)