秋に落語を聴くときは

*10月25日(土)晴れ

穏やかに晴れた週末だ。
箪笥から久留米絣とミンサーの八寸名古屋を引っ張り出した。
秋に落語を聴く時はたいがいコレに袖を通す。
「ちはやふる かみよもきかず たつたかわ からくれなゐに みずくくるとは」

f0229926_10355334.jpg
f0229926_2224758.jpg


あちらこちら、いくつも催しがあるけれど、
身はひとつ、せいぜい二件のハシゴが精一杯よ。
夕方新大塚へ向かい、まずは初屋の絵理ちゃんがやってる販売会へ顔を出した。

f0229926_10502623.jpg

古い古民家を活かしたギャラリーでしばし憩い、
トイレにかかっていた寅の手拭いを見て一目惚れ♡ドドンドン!どうだ〜!!
ってコトで、本日の戦利品はこれ一本だけ。w

f0229926_10534736.jpg

つるべ落としに日が暮れてきた中、新大塚から赤坂へ移動して
夜は志の輔師匠のらくご会へ。

お題はここ3年同じだという「仮名手本忠臣蔵」の
解説噺『大忠臣蔵』と落語『中村仲蔵』。

f0229926_113911.jpg

小説でも落語でも『中村仲蔵』は好きなお話だ。
志の輔さんの話を聴いているうちに、昔テレビで放送された
映画『藤十郎の恋(長谷川一夫と入江たか子の古い方)』で見た
江戸時代の芝居小屋と、その中で役者連中のうごめく様や
茶屋の賑わいの様子が浮かんできて、落語ながら
これまたモノクロームの映画で中村仲蔵を見てるような錯覚に陥った。

不思議だ・・・。忠臣蔵というお話も何百年と息づいているように
斧定九郎を演った中村仲蔵という役者もこんな風に何百年と息づいている。
きっと現実の中村仲蔵という人は
今の私たちには想像も出来ないほどの辛酸をなめて生きた人なのだろう。
役者の階級制度の中で、底辺から駆け上がった中村仲蔵という人物には
(名題を除く)すべての役者の夢が詰まってるのかもしれない。

こうして仲蔵の話が本や舞台や高座にかかるたび
もしかしたらそれは芝居小屋の中で生きていた
数知れない(浮かばれないでいる)役者たちへの
本当の回向になってるのかもしれないなあ〜・・・なんてね、
そんな思いが浮かんできた。

正味三時間という熱演(?)高座のあと、
お腹ぺこぺこですぐ近くの大衆寿司店に駆け込んだ。

f0229926_11301555.jpg

高座の最後の最後、隣にいた高笑いをするイヤな男客が
なんとスマホをジャケットの胸内でいじくりはじめ、
その明かりが漏れてこちらの観賞の邪魔をしてくれたコトに
おのれっおのれ〜っ!と無性に腹が立ったのだけど、
カウンター越しに年配の板さんに大好きなコハダを握ってもらったら
腹立ちもたちまちしゅるしゅる〜っとしぼんでおさまった。
・・・現金なものである。

家に帰り着いたのは日付が変わるころ。
ゆっくりとお茶をいただきながら、録画してあったBS-TBSの落語研究会で
鯉昇さんの「死ぬなら今」という阿呆な落語を聴いて
心身ほっこりしてから眠りについた。

Commented by sogno-3080 at 2014-10-26 16:23
着物+落語三昧の一日でようございましたね~♪
こちらも満腹にさせてもらいましたよ。
ごめんなさい、もう何回も同じ事コメントしているかも
しれませんが、ちはやふる・・、は小三治さんのCDで
何回聴いても笑ってしまって。好きな噺家さんの好きな
演目は何回聴いても飽きないモノですね。
横浜にぎわい座で初めて志の輔師匠の「中村仲蔵」を
聴いたときは、ええこれが落語なの?!って新鮮な
驚きでしたよ~ 

コハダに生唾が・・・(笑)
Commented by yukiko at 2014-10-26 21:29 x
丸ごと江戸前な一日で、ようございました。
お隣席にそういう人がいると本当に迷惑、私も先週の演舞場、たぶん猿之助熱烈loveの女性が身をよじって楽しみ、真っ先に大拍手、こちらは逆に冷めてしまいました(-"-)
Commented by sakurako_h at 2014-10-27 09:39
充実の一日でしたね♪
志の輔さんの中村仲蔵は絶品ですよね。
あ〜、初屋さんにもまた行けなかった。。。○| ̄|_
せっかく秋晴れの爽やかな日が続いているのに、毎日のように医者の予約が入ってるだすよー
Commented by team-osubachi2 at 2014-10-27 10:56
櫻子さん
志の輔さんの仲蔵、まえにDVDで聴いたのと、今回話のエピソードのある部分、ちょっと違うような気がしました。サゲもこうだったっけか?・・・とか。
(でも隣の客に怒ってたもんだから、集中とぎれちゃって)
いや、でも、こういう風に落語家さんそれぞれに創意工夫あってもいいのが仲蔵の話かもですね。
私はペタコさんたちの方へまたしても行けなかった〜。
こちらもまだクリニック通いは続いていて、いい加減歯科と検診申し込まねばって感じです。お互い持つべきものは、丈夫な肉体と体力・・・ですかねえ?こんな年回りもありますよね。
メンテして参りましょう。^_^;)
Commented by team-osubachi2 at 2014-10-27 11:02
yukikoさん
このたびのこと、感謝です!
久留米絣も袷ではちょいと暑かったですが、
着物で出かけられて嬉しかったです。
いやあ〜、隣の男!どうしてくりょうか?!笑
私のさらに隣にいた相方にもえらく邪魔だったようで、
彼も最後に集中力カットされて怒り心頭でした。
(二人して血糖値下がってたので余計に・・・笑)
観劇にせよ映画や絵画の観賞にせよ、
それぞれ自由でいいんですけど、人のフリみて
自分も気をつけようと思いました〜。笑
Commented by team-osubachi2 at 2014-10-27 11:09
sognoさん
好きなこと、すきなものは何度言ったっていいのです。
私も好きな着物や帯のことは何度も登場しちゃいますし。
(寝た子も起こさねばと思いつつ)
横浜のにぎわい座までいらしたことあったんですか?
おお〜、遠征ですね。仲蔵のお話は、年季の入った落語家さんそれぞれの持ち味でもって聴けることが多いですよね。若い人にはムツカシイかも。
いつか新宿の末廣亭、ご一緒にいかがですか?
寄席としてはあすこがイチバン贔屓の私です。
前は二駅隣という近さだったんですけどもねえ〜。

このコハダ、たしか一個170円で握ってくれるのでした。
明朗会計で、でも、ちゃんと握ってくれる寿司屋は
気も、懐にも楽でいいですね〜。笑
Commented by 香子 at 2014-10-27 14:03 x
うわっ、勢いのある虎ちゃんの手ぬぐい!
思わず笑っちゃうですね♪ いいな×2☆

志の輔さん、別の方からどうする?って
お伺いがあったんですが
今月は歌舞伎三昧だったし、
晦日に落語が入ってたのでパスしちゃいました (^-^;;
全部は無理ですもんね〜。。。
Commented by 朋百香 at 2014-10-27 20:43 x
tomokoさま
おお、この前落語に行ったのは、夏だった・・・。
定期的に行かないと免疫力が下がる(笑)
tomokoさん、またにぎわい座、ご一緒しましょう!
Commented by team-osubachi2 at 2014-10-27 22:14
香子さん
はい、可愛いようなガブッとしてくれちゃいそうなこの面が気に入って連れ帰りましてございます。笑
まだ当面海に入れなさそうなので、おかげで久方ぶりの歌舞伎に落語をちょこっと楽しんでいます。香子さん、お正月はPARCOへ? ^o^ )/
あ、ブログのコメント拝読しました。情報ありがとうございました!私以上に相方が興味津々で、古本市のときに行けるといいなあ〜と思っています。
Commented by team-osubachi2 at 2014-10-27 22:18
朋百香さん
落語の笑いはいいですね。うん、本当にいいです。
免疫に効く感じしますもんねえ。
キモチまでもが貧しているときほどよく効く気がします。笑
にぎわい座、いいですねえ。また出かけましょう!
Commented by 風子 at 2014-10-28 22:14 x
いやあ かっこいいですぅ (^v^)
これで落語 いいなあ、と。

手ぬぐいもかっこいいです。

お江戸の落語とお寿司、ああ~~~ん、
いいなあ、です。
Commented by team-osubachi2 at 2014-10-28 22:36
風子さん
縞も格子も好き、無地も好き、幾何学模様も好き。
そんな私でも好きになったこの久留米絣。
でも、実際にこんな絵絣の木綿着て出歩く人、少ないです。
都会向きじゃないのかなあ?
私は(結城や大島によくある)奥様風の絣模様が似合わない。
おすましなんてしなくていい絣の着物、もっともっと着てくれる人が増えるといいな、寿司屋でも寄席でも。

あ、手拭い、いいっしょ?私もこんな寅、描いてみたい。
by team-osubachi2 | 2014-10-26 11:51 | 着物のこと | Comments(12)