富山のおむすび

(上の記事に続いて)というコトで、
昨夜は同じような年代の気の置けない女子4人で楽しい飲み会。
着付け師、染織家、セレクトショップオーナーと“素敵女子”が集まって
私の郷里である富山の産物を出してくれる
二子玉の『たまゆら』ってところで飲んだり食べたりした。

f0229926_9192619.jpg

感性ゆたかな女友だちとのおしゃべりはいつだって愉快壮快なのだけど
夕べはことに自分の今後の画業にとって
すご〜くいい刺激をいただいて帰ってきたのだった。
ああ〜、いいなあ〜嬉しいな〜、こういうのって!

f0229926_9262875.jpg


ところで、富山は北前船のルートでもあったこともあり
今でも北海道へ昆布やタラを漁しに出かける漁師さんは多いのだけど
実は食べる昆布の量は国内でもトップクラスなんである。

〆のご飯は、富山ではこれがスタンダードである「とろろ昆布のおむすび」。
ドカーンと女性の握りこぶし大のおむすびを
みんな一個ずつとって仕上げ、お腹前のめり気味に
でも受けた言葉の数々をリフレインしながらイ〜イ心持ちで家路についた ♬
Commented by セージグリーン at 2014-04-23 17:13 x
私の富山出身の友人も、お魚の美味しいのを自慢をしていました。
俳優の柴田理恵さんも昆布が大好きで、よく召し上がるとのこと。私も正月のお雑煮用の出汁をとった後の昆布を食べるほど大好きなのですが、
甲状腺機能がやや低いために、当面の間昆布を食べないように言われていますので、余計におむすびの衣がほやほやしているのがたまりません、ううう。
Commented by team-osubachi2 at 2014-04-23 23:23
セージグリーンさん
日本海側から関西にかけては昆布は欠かせない食材ですよね。
上京してからは、田舎にいたころほどは口にしないんですが、
この昆布と、同じく北前船の荷であった干鱈のほぐしたのを混ぜ合わせたふりかけが大好物で、いまも帰省してスーパーへ行って見つけると
かならず買って帰ります。
しばしの間であれば、今食べられないものを考えるよりも、
どうぞ他の好きなものを存分に愉しんでいらしてくださいね〜♪
Commented by sogno at 2014-04-24 06:39 x
刺激いっぱいの女子会、羨ましゅうございます。
何か「ヒラメキ」の様なものがあったのかな?
今後の活動が楽しみです。

いつも手っ取り早く電話やメールでコミュニケーション
をとっていますが、やはり実際に会うとぜんぜん違いますね。
Commented by 香子 at 2014-04-24 10:32 x
やはり平日ですよね。
以前S子さんと週末突撃したら入れませんでしたもの (^-^;;

あ〜、おぼろ昆布のおにぎり食べたい〜!
Commented by team-osubachi2 at 2014-04-24 18:30
sognoさん
何をおっしゃいます。
sognoさんも気の置けないお友達と飲んだり食べたり
おしゃべりを満喫していらっしゃるではあ〜りませんか。笑

自分で描いていても、自分にはわからない自分の絵。
そこには自分が進むべき道のようなものまで現れているんだなあ〜と。
ビックリしました。私自身うっすらと、でも確実に感じている内面が、
絵を通してつかみとってくれる人がいるってことも、
絵の未来への内包性にも。
それを、良い悪いではなく、素直に正直に伝えてくれることも・・・。
(これって出来そうで案外出来ないものなので)
>実際に会うとぜんぜん違いますね。
まったくです。人と会うってホントにいいですよねえ〜♡
Commented by team-osubachi2 at 2014-04-24 18:31
香子さん
>やはり平日ですよね。
で、あります。笑
以前一緒させてもらってなかなかよかったのでまた行きました。
またまた行ってもいいなあ〜と思っております。
地元の味、やっぱり嬉しいものですね。
by team-osubachi2 | 2014-04-23 09:37 | 食べる | Comments(6)