誰かは見ている

買い物であれ、お出かけであれ、外へ一歩出ると、
つい道ばたの脇や、よそのお宅の庭先と道路のきわのあたりに目がいってしまう。

ほんのひと株、大きな群れや庭先から
「逃げ出した(あるいは開拓ともいう?)」草木の
ちいさなひと株を見つけるのが楽しいからだ。


f0229926_8512451.jpg


この間、近所を散歩に出たときに、
群れからほんのわずかに逃げ出したユキヤナギのひと株を見つけた。
葉っぱも数えられるほどの小ささなのに、
ちゃ〜んと花のつぼみがふたつ・・・♡

どんなに地味で小さくても、咲かせる花を見てくれる人はいる。
自分の仕事も、そんなようなものかしら。
Commented by セージグリーン at 2014-04-09 10:41 x
こんな小さな株にもつぼみが!ほかほかの土ではなく、ある程度厳しい
環境だからこそ、早く子孫を残さねば、との危機感のなせる業えしょうか?ちゃんと見て、気づいてくれる人がいると信じて、ひたむきに生きる姿は美しいですね、、、。
Commented by team-osubachi2 at 2014-04-09 14:57
セージグリーンさん
スミレも、花を咲かせないまんま種をつけて
まき散らすことよくありますね。
ともあれ植物も案外頑固な開拓者たちです。笑
Commented by 神奈川絵美 at 2014-04-09 15:29 x
こんにちは! 見ている人は見てますって☆仕事の話ではないのですが、ブログで例えば日に10人しか訪問がなくても、でも10人の人が「選んで」見にくるって実はすごいこと。。。と、ワタシの好きなブロガー「ちきりん」さんがかつて書いていまして、ワタシ自身もそう思います。
下の記事も拝読しました。この蝶々の大島、以前生で拝見しましたよね・・・私。ピンクといってもパステルではなく、とてもお似合いだったと記憶しています。帯もクリアで可愛いですね。
Commented by team-osubachi2 at 2014-04-10 08:21
絵美さん
そうですね、仕事であれなんであれ、自分のやってること、知らない間に見ていてくださる方はいて、ふとしたおりにそれがわかったときの嬉しさ、ありがたさ。年々身に沁みるのであります。いつもいつも優等である必要もないですけど、ちいさなひと仕事も、おろそかに扱っちゃいけないなあ〜って思ったりします。

白大島、ことさらな柄が織り出されていないところが私の好みなのでした。いやあ〜パステル系のきれいな色、ピュアなピンク、似合いませんが、色の加減によってはその人それぞれに似合う色目ってありますよね〜。これから日焼けていくでしょうから(笑)、春のうちに着るピンク、私には貴重な一枚であります。
by team-osubachi2 | 2014-04-09 09:00 | 生きものの世界 | Comments(4)