里の春

三月最後の一日。昨日の荒天もまた春ゆえの嵐。
今日ふたたび晴天になっても、丘の上界わいの桜はまだ満開の一歩手前。

f0229926_14192519.jpg


ホントなら着物に着替えて出かけたい先もあったのだけど
今日中に片付けなくてはいけない所用雑用を済ませる。

近くの公園に咲く桜花を楽しみながら丘を下って
宅急便を出したり、封書を投函したり、夕飯の買いものをしたり・・・。

f0229926_14241779.jpg

ここは丘の下にあるお気に入りの場所。
家々の間にぽっかりとこんな風景が残ってるってところが
なんとも嬉しかったりする。

この間まで菜の花畑に、清らな白梅や白木蓮が咲いていたのが
今は桜が咲いていて、奥に見える小山には
毎年ウグイスが一羽やってきて、好い声を聞かせてくれるのだけど、
ひと鳴きごとに、こののどかな眺めに
ひときわ里らしい風情を添えてくれるんであ〜る♬

こんな景色が残っているのも
このあたり一帯の大地主さんのおかげだとは思うけれど、
勝手を承知でひとこと言わせていただくなら、
「どうかこの先もこの辺りに家が建ったりしませんように・・・!」

さて、また雑用を片付けるとしますか。
Commented by 朋百香 at 2014-03-31 21:40 x
tomokoさま
むか〜し、私が子供の頃に住んでいた所はこんな感じで
なんか懐かしく思い出しました。
父と母は仕事で東京にいたので、祖母と田んぼの中の
一軒家にのどかに暮らしていた、私の一番平和な時代だった
かもしれません。
まだ○○にもこんな所が残っているんですね〜。
Commented by セージグリーン at 2014-04-01 10:19 x
山里の風情がそのまま、お近くに残っているのですね。いいなぁ、、。
幼少期に時々遊びにいった従姉妹の家の辺りが、こんな風景でした。
わが家からも少し車を走らせて宮ヶ瀬ダムに行く途中には、まだまだ
防風林を伴った昔ながらの田畑が観られ、今ならきっと桜も五分咲きでしょう。
このまま、無粋なものが建ちませんように、、、。
Commented by sogno-3080 at 2014-04-01 10:56
日本の里山の風景に桜はいかにも合いますね。
3.11以来、桜って、(大げさだと笑われるかも
しれないけど)これが最後になってもよいくらいの覚悟
で見るようになりました。今年もしっかりと目に
焼き付けておかなくっちゃ(笑)
Commented by team-osubachi2 at 2014-04-01 11:07
朋百香さん
このあたりは数年前に地下鉄が通るまでは
陸の孤島の部類だったんじゃないでしょうか。畑も多かったそうで。
広域でみれば大地主さんらしい家が点在してるんですが、
このご近所の地主さんの裏山一体は
市が公園として借りているおかげもあってとても緑が多いのです。
低地の平地はおろか、小山の斜面にもびっしり家々が建っていて、
新宿副都心界わいから越して来た当初、郊外がこんなに宅地化されてるのを知って(無知でしたので/笑)ビックリしたものでした。
朋百香さんの遊んだような風景って、もはや首都圏近辺には絶滅寸前なのでしょうね。この風景も時間の問題かもです。
Commented by team-osubachi2 at 2014-04-01 11:13
セージグリーンさん
まわりはフツーの住宅街なんですが、うふ、私ってトリミングにもうるさいので、こんな景色だけカメラに切り取って収めてみました。
もう家々が建つのも時間の問題でしょうから
ここを通るたびに心にとめておこうと思います。
さらに遠い郊外にはまだまだ里の風景が残ってると思いますが、
不況のおかげで残る景色もきっとあちらこちらにあるハズ!
悪い面ばかりではないと思っています。
Commented by team-osubachi2 at 2014-04-01 12:36
sognoさん
>これが最後になってもよいくらいの覚悟で見るようになりました。
はい、なんとなくわかる気がします。
自分も桜の季節に大きな出会いも別れも経験して、ことさら身に沁みた時期もありましたけど、時間とともに楽になって、力まずにこの季節を楽しめるようになりました。
東北はまだしばらくはお寒いことと思いますが、薄皮を一枚ずつはいでゆくようにすすむ寒い土地の春は本当に素晴らしいですよねえ〜!
by team-osubachi2 | 2014-03-31 14:41 | 日々いろいろ | Comments(6)