春は海もおぼろで〜

*3月23日(日)晴れ(午前中は無風、午後から強い南西の風)

前回潜ったのが去年暮れのクリスマス直前だったから
かれこれ3ヶ月も間があいてしまった。
家を出た朝5時半ごろは星も見えてたけど、東の空はもう夜明け前の明るさ。

予定では逗子に潜るハズだったのが、風向きの都合で
ふたたび真鶴の岩海岸にてボートダイビングに変更。

ってコトで、朝8時ころに岩漁港に到着ぅ〜♬

f0229926_8263224.jpg

打ち合わせして、準備して、船に乗り込んで
漁港を出て有料道路の橋の下をくぐり(潜るのはもちろん漁のない時間帯)、
ちょっとだけ沖に出たところで、
今回はじめてやってみたジャイアントストライドエントリー。
大きく一歩を踏み出す姿勢で入水するアレね・・・。

まずはベテランさんが入水するのを見てから自分の番になった。
こわごわへっぴり腰で船縁に立つのもやっと。
片足を前に出すも、その一歩が大きく出ないまんま
「あら?」と思う間もなく海に落下してしまったカンジ・・・ドッポ〜〜ン!!

f0229926_8334278.jpg


三浦も真鶴も、半島界わいの春は「春濁り」といって
大量のプランクトン(植物も動物も)が大発生するんだって。
春がおぼろなのは何も陸上だけじゃないんだねえ〜。

その海の中は「まるでお味噌汁・・・」みたいで、
(人によっては「バスロマンの湯」とも)
ポイントのブイからロープを伝って潜るんだけど、
水中は見えない、見えない、いや〜ホントに見えないゾこりゃ!
2m先でかなりぼんやりしたシルエットしか見えない海だった。

f0229926_8442947.jpgphoto by H.S.

水深22mほどの海底は水温13度。
外はお天気がいい分だけ水がちべたく感じるね。

薄暗い水底で目が慣れてもせいぜい2〜3mの透明度。
水中ライトを点して、インストラクターさんにピッタリ張りついて、
ひさしぶりの潜りのあれこれを自分で復習しながら
ポイントのホンの狭い範囲を見てまわった。

でもね、ポイントに沈めてある鉄橋の残骸をライトで照らすと、
フューシャだのムラサキだのオレンジといった
カラフルなソフトコーラルがいーっぱいで
プランクトンを食べようと花盛りの様子が見てとれたし、
そこに紛れて生きてるいろんな小魚や珍妙なエビも発見!

f0229926_858723.jpg
photo by H.S.

まるで海に棲むクモみたいなエビは
オルトマンワラエビっていうんだって。
ほっそーい腕の先にちっちゃーいハサミもあるんだけど
いったいなんだってこんなデザインの体になったのかな?
なんで関節のところが蛍光色に光ったりするようにしたのかな?
海には陸上以上に不思議なカタチをした生きものがいっぱいだ。

この日は他のポイントがよろしくないとのことで
同じポイントで2本潜り終えて、
無事私のボートダイビングのお稽古も終了!

1本目はかなりキンチョーしたけど、2本目はだいぶリラックスできて
エアーも保ったけど、手からくる冷えがやっぱりキツかったかな。

f0229926_971276.jpg

終わって器材を片付け漁港からの帰り道、
ダイバーさんらでにぎわう真鶴のカレー屋さんで
私はカレーじゃなくて、ボリュームはスゴイけどあまり甘くない
焼きリンゴのデザートナンをぺろりと平らげちゃった♬
まんぞくまんぞく。

三連休で混み合う有料道路を避けつつ、
夕陽を見ながら裏道で横浜のショップに戻ったのは夕方6時。
まだかろうじて夕焼けの明るさが残っていて
ああ、陽がのびたんだなあ〜、春だなあ〜と感じた一日だった。
Commented by 神奈川絵美 at 2014-03-25 23:02 x
こんにちは! うわーこのエビはキレイだわ…脚全体にてんてんと蛍光色が点っていますね。職業柄、神経系はどんなつくりになっているんだろう、などと思ってしまいました。コーラルも、帯留めか何かにしたいくらい(笑)。
私はたぶん海に潜ることはずっとないと思いますので、こうして神秘的な写真が見られるのはありがたいです。感謝!
Commented by sachiko at 2014-03-26 00:07 x
海の中ちょとヒンヤリ・・・ 水温は陸より遅れますものね
春の海中はバスクリン 言いえて妙なり~(笑)

夏の海しか潜ったことがないので 春の海ってこんなんなのね~と
心地よい疲労感と焼きリンゴのデザート 
良き休日の〆は夕陽を見ながらのドライブ

Tomokoさんならではの日誌
 楽しみ&思いも一緒に記録 良いですね~(^_-)-☆


Commented by team-osubachi2 at 2014-03-26 08:54
絵美さん
ね〜!写真で見るとこんなにも鮮やかで面白いカタチや色なのでした。
でも実際には照明あてないと色はわからないんですけど、
海の中では地味に見える(人間の目には)のに、こんなにも鮮やかな色を持っている必要性ってなんだろう?って思います。
魚の目にはどう見えてるんでしょうね?
>職業柄、神経系はどんなつくりになっているんだろう、などと
あ、ナルホド。そういう視点もあるワケですね。虫たちにも言えることですけど、生きものってホント不思議な世界です。
Commented by team-osubachi2 at 2014-03-26 09:04
sachikoさ〜ん
話には聞いてたんですが、ウワサに違わぬ不透明な海でした。(笑)
昨年6月のOWのときも見えにくい海でしたから、今回も潜降するときから見えないことにことさら不安もなく、ブランク後の緊張がほぐれた二本目は潜ること自体がちょっと面白くなってきたのを感じました。
伊豆半島周辺は13度くらいが底、そしてこの不透明さもこの3週間ほどがピークだそうです。バスクリンの海、ムースという表現も・・・。フフ。
こ〜んなに見えない海を知っておくと、この先ちょと見えただけでもすごく感動できるかもです〜(笑)。先日石垣に潜った人の話では40m級の透明度だったそうで、未経験でもあるせいか、そんな透明度はとても想像できなくて・・・。いつか潜ってみたいです、南の海へ!!
by team-osubachi2 | 2014-03-25 09:14 | 海に潜る | Comments(4)