プチ・ソチロス

あたりまえだけど、どんなお祭りもいつかおしまいになる。
いつものことだけど・・・なんか淋し〜い〜〜よお〜。

でも、よかったな。面白かったし幾度も感動した。
見てて楽しい競技も増えた。
式に登場した巨大なシロクマたちも、私は好きだったな ♬

ありがとう、冬のオリンピック。さよなら、ソチ五輪!


f0229926_23245391.jpg←フーッと聖火を
吹き消して〜 ♪


さ、次のお祭りはサッカーW杯ブラジル大会ねっ!
Commented by sogno-3080 at 2014-02-25 17:32
オリンピック期間中の読書はロシア特集。
ロシア関係の本を読みましたよ~
(まだ続いていますが・・)エカテリーナ2世の本とか。遠かったロシアが少し身近になった気がします。
オリンピックの功績ってやっぱり大ですね~
Commented by team-osubachi2 at 2014-02-25 22:08
sognoさん
さすがsognoさん!読書もタイムリーに読んでいらっしゃいますね。
エカテリーナ二世のころのロシア、ツンドラの広大さってどんなだったんでしょう?想像しなくても気が遠くなりそうですが、あんな時代にシベリア大陸を横断してエカテリーナ二世に帰国のお願いで謁見しに行ったという大黒屋光太夫の苦労も想像の外ですね〜。
あ、今、急に思い出しましたが、はじめての海外旅行、ロンドンへはアエロフロートの小型ジェット機でモスクワ経由で行ったんですが、なんとなくボロくて狭い機内の窓から、眼下に広がるツンドラの平原(秋、すでに凍りはじめてた!)を見下ろしながら、機内でサービスしてくれるロシア人スチュワーデスさんらのがっしりと豊かな体型が目に入ったとき、
「嗚呼、もしもこのツンドラに機体が墜落しても、彼女らのたくましい胸の中に飛び込めば、私きっと助かるに違いないわ」・・・などと阿呆なことを考えていたのを思い出しました(笑)。
武田百合子さんの「犬が星見た」はお読みになりましたか?もしもまだでしたらオススメしま〜す♪
Commented by sogno-3080 at 2014-02-26 06:23
しつこくてごめなさい、再コメントでーす。
大黒屋さんの本、ロシアコーナーにしっかり置いて
ありました。手に取ったのですが、面白すぎて?
まだこれは後の楽しみね、とそっと返してきたところ
です。ロシア料理の本とかも気になる~~
ツンドラの平原・・・ああ、想像するとぶるぶる、
ですわ。武田さんの本まだです、今度!!
あ、お返事結構ですからね(笑)
Commented by team-osubachi2 at 2014-02-26 11:47
sognoさん
うふ。いつか読んだら、またご感想書いてください♬
Commented by 神奈川絵美 at 2014-02-27 00:10 x
こんにちは! 私はオンデマンド(NHKのネット配信)で観ていたので、この物憂い?クマのマスコット、今Tomokoさんのブログで初めて知りました(笑)。
ウィンターオリンピックの華ってやっぱり滑降とか、スーパー大回転(スキー)かなあ・・・私にとっては。日本人ほとんど出ていませんが…そういいつつ、4年に1度しか観ることはないのですが、今回も楽しませていただきました。

下の方の記事も拝読しました。玉女さん、来春玉男さんを継ぐのですねー! 私のFBの方の友達(男性)で、やはり吉田玉男さんが大好きだったという方がいらっしゃいます。
Commented by team-osubachi2 at 2014-02-27 08:59
絵美さん
絵美さん、シロクマ、ユキヒョウ、ウサギたちをご覧になってないのですか、いや〜すごくよく出来たマシンでしたよ。巨大なのに動きが滑らかで実によく出来ていました。なにげに21世紀だなあ〜と思いました。
うふ、私たちにとっては滑降などスピード系アルペンこそ冬期オリンピックの花形に思えてなりませんよね〜!!スタートすると仕事の手がとまってしまいますもん。しかし女子大回転でしたっけ、コースアウトが多すぎて、あそこまで乱調になっちゃうとコースセッター責められてるんじゃないかと思っちゃったりして。今回からのスノボースロープスタイルも見ていて面白かったなあ〜。
玉男さん、生まれてはじめて文楽を見たコムスメですらも強く心に残る遣い方をされる方でした。玉女さんの襲名、きっと文楽ファンやご贔屓さんらで切符争奪戦になるのではないでしょうか。上方でも満員御礼になりますように♬
by team-osubachi2 | 2014-02-24 23:33 | 日々いろいろ | Comments(6)