着物雑誌はもう春から夏へ

着物雑誌の『美しいキモノ』さんと
『きものSalon』さんの最新号が発売中です。

今回春号の『美しいキモノ』さんからは
新コーナー「お仕立てのツボ」というページ(P336)でお仕事をいただきましたが、
着物ビギナーさんにとってはお仕立てをお願いする上でも、
自分の寸法を知るご参考にしていただければと思います。

↓千總さんデザインのお稽古バッグ、付録についてます。
本誌がすっぽり入る大きさは、セカンドバッグにちょうどいいかもです。

f0229926_17374026.jpg

私が興味を持ったのは「あのときの流行と『美しいキモノ』というページ。
昭和40年代に自分が小学校にあがったときの入学式に、
同級生の母親たちがまるで制服のように着ていた黒羽織についてです。

いったいどういうキッカケからこんなに黒羽織が流行することになったのか、
そのエピソードなど興味深く読みました。

f0229926_17453640.jpg

一方の『きものSalon』さんは、一気に春・夏号が発売中です。

平成10年ごろにはずいぶんとシックで抑えた色目や
地味でモダンな色模様などが流行り始めていたように思いましたが、
そろそろ反動でしょうか、個人的にはこの数年でまた
キレイな色目のお着物が増えてきたように感じています。

f0229926_18124962.jpg

誌面の後半にある「きもの達人の知恵袋」という特集では、
肌着から収納のひと工夫まで、着物好きの方々の愛用品や
ちょっとした知恵などが紹介されています。
(自分も椿油でほ〜んのぽっちり取材協力をば)
へ〜、今はこんなのがあるんだ〜?!と、
知らない小物などあらたな発見がありました。

f0229926_187742.jpg

ご興味のある方は、どうぞお手元でご覧いただければと思います♬

『美しいキモノ』/ハースト婦人画報社
http://www.hearst.co.jp/product/utsukushiikimono

『きものSalon』/世界文化社
http://www.kateigaho.com/kimono/
Commented at 2014-02-25 07:22 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by team-osubachi2 at 2014-02-25 11:23
鍵コメントさん
コメントをありがとうございました ♫
雑誌、よろしければゲットなさってご覧くださいませませ。
お稽古バッグ、多少堅めの手触りですが、それだけ手荒く(?)扱っても丈夫そうです。(^_^)a
今日からは春の陽気になるそうですが、三寒四温、お互い体調をキープして春本番を迎えたいものですね。
Commented by 香子 at 2014-02-25 22:53 x
「美キモ」和裁のお稽古の時に拝見させていただきました。
お稽古先だからか、ついつい写真の着物の柄合わせとかに目が行って(笑)
「これはないわー」とお仲間同士で盛り上がったのがありました (^-^;;
ありがたくない読者ですよねえ(苦笑)
Commented by team-osubachi2 at 2014-02-26 00:41
香子さん
柄合わせ、撮影に立ち会うコトがないのでわかりませんが、基本、撮影用はモデルが着られるようにハサミを入れてしまいますし、ものによっては背中が開いたままのものもあって、場合によっては断ち合わせに無理があるってコトもあるのでしょうかね?
私の白大島は蚊絣地の中に抜きで柄が飛んでるものなんですが、いかんせん、反物にかなりのヤケあり、のケチがついた代物だったそうで、そのせいでしょうか、三越の番頭さんが「良い大島なのに、嗚呼〜」って嘆いたくらい断ち合わせがマズイようでして。。。( ̄O ̄;)
ま、気にせずに着てますけども、和裁のわかる人以外には、まず滅多なコトでは気がつかない人が多いのでありました。ちゃんちゃん。
Commented at 2014-02-26 10:52 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by team-osubachi2 at 2014-02-26 11:48
鍵コメントさん
お知らせ、ありがとうございました〜。
あとでメールいたします♬
by team-osubachi2 | 2014-02-24 18:19 | 着物のこと | Comments(6)